« ついに出た!日本語ウイルス | トップページ | ウイルスと間違われないために »

2004/04/14

低血糖に砂糖

夕方から16kmほど走って、夜の8時頃戻ってきた。先に汗を流そうと思って風呂に入っていたら、なんだか右手の親指の皮がピリピリしびれてきた。だんだん強くなって来るので、「さては脳血管系の障害か?」などと恐れていたら、左も少しピリピリ。ははぁ~んと、台所にかけこんで、砂糖をひとさじなめた。すると、数秒で症状が消えていき、数分後には何も感じなくなった。低血糖だったのだ。途中でスポーツドリンクを飲んだり、コンビニでカレーパンを食べたりしたんだけど、足りなかったらしい。

それにしても、数秒で症状が改善される砂糖の効果にびっくり。

糖尿病などで血糖を下げる薬を飲んでいる人は、低血糖になる恐れがあるので、砂糖やキャンデーを持ち歩くんだと効いたことがある。「そんなに素速く効くのか?」と思っていたけれど、本当に効くんだなあ。

|

« ついに出た!日本語ウイルス | トップページ | ウイルスと間違われないために »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/437309

この記事へのトラックバック一覧です: 低血糖に砂糖:

« ついに出た!日本語ウイルス | トップページ | ウイルスと間違われないために »