« 「食う」はイケナイ言葉? | トップページ | 閑話 »

2004/04/07

ライターはへそまがり

「あんたは、へそまがりだ」とよく言われる。確かに、他人が何か言うと、「それはそうだね。でもね」と、無意識に違う回答を探す自分に気がつく。何か他人と違うことを言って、「ほぉ~」と言わせたいのだ。こういうのって、イヤな性格かなあ。人によっては、好かれないのは確かだ。ただ、そういう性格を嫌いな人って、実は自分の意見が常に通らないと気に入らない人なんだよね。つまり、お山の大将はへそまがりを嫌うのだ(笑)。

へそまがりといっても、何でもいいから変わったことを言えば感心してもらえると思うほど、愚かではないつもり。他人と違ったことを言うにしても、それなりに説得力があることを言わなきゃいけない。でなければ、誰にも振り向いてもらえない。

そういう性格って、私がライターであるためには、不可欠かもしれない。

ひとくちにライターといってもいろんな人がいる。高度な文章技術を売りにしている人もいれば、みずみずしい感性を売りにしている人もいるだろう。でも私は凡人なので、プロとしてやっていけるほどの芸術的センスはない。

説得力があるへそまがりになるためには、人が知らないことを知っていなきゃいけないし、常に他人が考えないようなことを考え出さなきゃいけない。これは、面白いネタを生み出すためのきびしい訓練になるのだ。ネットという「本当に詳しい人」がいつ現れるかわからない環境でのへそまがりは、知識や思考力に磨きをかけてくれたと思う。

|

« 「食う」はイケナイ言葉? | トップページ | 閑話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/406741

この記事へのトラックバック一覧です: ライターはへそまがり:

« 「食う」はイケナイ言葉? | トップページ | 閑話 »