« 「知っている」という自信が危ない | トップページ | 走ると頭がよくなるの? »

2004/04/07

遺体発見現場

お昼のニュースで、江戸川でトランクから遺体が発見されたと報じていた。北小岩という地名にはあまりなじみがなかったが、ニュースの画面を見ると、背景に「小岩菖蒲園」の看板が見える。ジョギングでよく通るあたりらしい。天気もよいので午後に花見がてら走りにでかけたら、つい、やじ馬根性で、江戸川方面に足が向く。

江戸川の対岸から小岩菖蒲園のあたりを眺めると、いつになく多くの車が河川敷に止まっていて、人影が歩き回っている。現場保存エリアの目印なのだろう、黄色いテープがひらひらと風に揺れるのが見えた。川の上には、赤色灯を付けた警備艇も浮かんでいる。

ふと見ると、川のこちら側にも、いつもより人が多い。トランシーバーを持ってうろついている紺の作業服のおじさんたちの背中には、黄色い文字で「警視庁」と書いてある。ちなみに川のこちら側は、千葉県警の所轄である。買い物帰りのおばさん2人が対岸をながめながらひそひそと言葉を交わしているし、サラリーマン風のお兄ちゃんは携帯で写真を撮っていた。やじ馬もけっこういるもんだ。

橋のところまでいくと遠回りだし、さすがにやじ馬根性に気が引けたので、対岸には渡らず、里見公園に抜けて、散り初めの桜を見て帰った。里見公園には、江戸川土手よりもずっとたくさんの人たちが、平和に花見を楽しんでいた。

|

« 「知っている」という自信が危ない | トップページ | 走ると頭がよくなるの? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/408831

この記事へのトラックバック一覧です: 遺体発見現場:

« 「知っている」という自信が危ない | トップページ | 走ると頭がよくなるの? »