« セロリの葉の佃煮 | トップページ | ディスクトップはやめてくれ »

2004/04/05

自己アピールと自己PR

一応プロのライターなので、自分のサイトでライター志望者のためのアドバイスをしている。自分が人にアドバイスできるほどのものかどうかはあまり自信がないのだけれど、その話はちょっと置いておいて。

希望者には課題をメールで送ってもらってアドバイスをしているわけだけど、その課題の1つが、自己アピール。でも、不思議なことに、半分以上の人が、「自己PR」と書いてくるのだ。

gooの国語辞典(三省堂提供「大辞林 第二版」)で意味を調べてみよう。

アピール
(1)世論に訴えること。人々に呼びかけること。呼びかけ。
「平和への―」
(2)受け取る側の心を打つこと。
「この本には読者に強く―するものがある」
(3)訴えかける力をもつこと。魅力があること。
「セックス-―」
(4)運動競技で、選手が審判に判定についての不服を申し立てること。

ピーアール
(1)会社が商品などについて、また官公庁や各種団体がその事業内容や施策などについて、人々に理解してもらうために広く知らせること。
(2)売りこみ。宣伝。

似たような意味だけど、ちょっと違うのね。課題は「自己宣伝」の意味だから、本来は自己PRのほうが正しいのかもしれない。でも、強烈に訴えかけるものを出して欲しかったので、私の感覚ではやはり「アピール」だ。

意味が間違っていないとしても、そもそも課題に「アピール」と書かれているのを、勝手にPRに変えられるのはねえ。まさか、「アピール」という言葉を知らないから、私が間違っていると思い込んでそれとなく書き換えたってことはないよね(笑)。ライターを目指すのだったら、もう少し言葉に敏感になって欲しい。

|

« セロリの葉の佃煮 | トップページ | ディスクトップはやめてくれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/397408

この記事へのトラックバック一覧です: 自己アピールと自己PR:

« セロリの葉の佃煮 | トップページ | ディスクトップはやめてくれ »