« 性格なんて変えられない | トップページ | ふきの葉の佃煮 »

2004/05/11

自己アピールのコツ

来年の新入社員面接をやった友だちが、「みんな自己アピールが下手だなあ」と話してくれた。自己アピールなんだから、自分のいいことを言わなきゃいけないのに、自分はこれはダメ、あれはダメと、悪いことばかりいうというのだ。確かに、それじゃあアピールにならない。

ただ、ライター志望者やSOHO志望者の自己アピールを見ると、「なんでもできます」というのがけっこう多い。これも自己アピールとしては、失敗だ。

「なんでもできます」と言っても、実際になんでもできる人間などいない。ただ優秀に見せようとするのではなく、特徴を明らかにすることが必要だ。それも相手が望んでいるような、長所になりそうな特徴を強調し、キャラクター(個性)を印象づけるべきだろう。

そのために、私は「こういうのは苦手なんですよね」という話をすることはよくある。例えばパソコンの自作は面倒だからやらないというのは、趣味的なパソコンいじりではなく、実用的なパソコン活用術の記事を求めている編集者にとっては、プラスイメージになるはずだ。

もっとも、「苦手」をどこまで言ってもいいのかは、むずかしい。失敗はあるが、実績があるので目をつぶってもらっているというのが本当のところだろう。

|

« 性格なんて変えられない | トップページ | ふきの葉の佃煮 »

コメント

めかさん こんばんは たけしたです。
私も時々 この性格なんとかならへんやろかって思ってしまいます。
はたで見ててもそー思うやろ(笑)
これでも 気を付けてだいぶ(少し)変わったと思うんですが 変わってないのかも 自分で思っているだけかも。
自分で思っているだけって危ないなぁ 自覚が無い分
ではでは

投稿: たけした | 2004/05/19 11:59

たけしたさん、ども。

性格っていうのは特徴であって、長所になるか短所になるかは、環境次第やなあと思います。

商品レビューなんか書くときは、いまいちな製品でも、何かいいところを見つけて書かなあかんのです。でも、詳しく調べてみると、たいていの商品で、なにかいいところはあるんですよね。

投稿: meka | 2004/05/19 13:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/574603

この記事へのトラックバック一覧です: 自己アピールのコツ:

« 性格なんて変えられない | トップページ | ふきの葉の佃煮 »