« ふきの炊き込みご飯 | トップページ | これって、強情なの? »

2004/05/17

行間を読まなくていいの?

文章の解釈とはむずかしい。ネットでは、文章を読んで相手が怒っていると思い込むと、特に感情を込めずに事務的に書いただけだったり、冗談っぽく書いてあるのが、本当は怒りにまかせた皮肉だったということがある。そこで、「ネットでは行間を読むな。書いてある通りに解釈しろ」とよく言われる。

しかし、行間を読まずにコミュニケーションが成立することなど、実際にはありえないだろう。すごく怒っていても、いい大人なら、怒りをそのままぶつけることはない。ただ、それとなく相手の無礼を指摘したり、婉曲に怒りを表現することはあるはずだ。また、本人が感情を押し隠したつもりでも、読む人が読めば、感情はにじみ出ているものだ。

真にコミュニケーションをしたいのであれば、行間を読まないのではなく、できるだけ正しく行間を読み取ろうとする訓練が必要だ。むしろ、行間を読むべきなのだ。

ただし、自分の解釈を絶対的なものだと思い込まないことと、固定概念を捨てることは必要だ。どんな達人でも、100%正確に行間を読み切れたりはしない。

|

« ふきの炊き込みご飯 | トップページ | これって、強情なの? »

コメント

めかさん こんばんは たけしたです。
そうそう 行間や 行間 昔から ときどきそう書いてました 行間をよまなって。
でももっと難しいのは 行間に真意をこめる書き方ですよねー 先生!

京都では 間 を読まなくてはいけないんですよね。これを簡便に表したのが 京のお茶漬けのお話だとおもうんです
 わたしぃ でけへんけど

ではでは

投稿: たけした | 2004/05/17 23:02

たけしたさん、こんにちは。

想像力がなければ、他人の気持ちなんか絶対にわからないと思います。固定的な意味にとらえるのではなく、いろんな可能性を想像することが大切ですよね~。

投稿: meka | 2004/05/19 10:58

めかさん こんばんは たけしたです。

そうですよね でも なかなか難しいですわ。行間を 読んだり 相手の言葉の裏側(本音)を読むのは難しいです。
 これって 単一民族が長年かかってこそやっと得られる物だということを読んだことがあります。
 だから 歴史の長い国や民族特有の物だとか

ではでは

そうそう コメントがついたらそれを表紙?に
掲示できるんとちゃいますかぁ? くりりんとこそのーなってました。

投稿: たけした | 2004/05/23 00:10

単一民族は、それほど関係ないと思います。日本全国で以心伝心、行間が読めるなんてことは、ありえないでしょう。「京都のお茶漬け」も、京都の人とよその人とのギャップの話でしょ。日本で言葉に頼らないコミュニケーションが発達しているとしたら、ムラ社会が幅をきかせていたからじゃないのかなあ。ムラの中が単一民族だと言えば言えるのでしょうが。

そういえば、最近のコメントを表示する機能はありました。最初は付けていたけど、ほとんどコメントが付かないので、はずしちゃったんですよ。たけしたさんがせっせとコメントしてくださるので、また付けておきましょう。

投稿: meka | 2004/05/23 00:36

めかさん こんばんは たけした です。
そーですねー 単一民族でも よまれへんなぁ(笑)でも アメリカみたいな他民族国家はもっとややこしんでしょうって 想像しちゃいます。

わざわざ 付けてくださってありがとうございます。なんか プレッシャーがかかったりして
 叉柿きますからどーーぞお手柔らかに(笑)

投稿: たけした | 2004/05/23 20:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/609997

この記事へのトラックバック一覧です: 行間を読まなくていいの?:

« ふきの炊き込みご飯 | トップページ | これって、強情なの? »