« 雇用所得控除の矛盾 | トップページ | 半分と2倍の法則 »

2004/05/23

ライターは源泉徴収される

サラリーマンが自分たちは損だと思う理由の1つに、自分たちは所得がきっちり把握されて源泉徴収されているけど、自営業者は自己申告だというのがあるだろう。自己申告なら、適当に所得を隠すこともできるじゃないかというわけだ。

でも、自営業者にもかかわらず、ほとんどの所得を把握されてしまっている職業がある。ライター、作家、イラストレーターなど、原稿料が主な所得になっている人たちだ。

個人に支払われる原稿料は、一律10%を源泉徴収される。1度の支払額が100万円を越えると、越えた分については20%だ。どんな仕事をしたって、経費は使う。最低所得税率は10%。ということは、税率が10%を越えない限り、経費分はいつも取られすぎ。

何千万円も売り上げがあるライターならともかく、数百万円程度だと、毎年確定申告で何十万円もの返還がある。こんな制度おかしいよね~。

ということで、ライターになりたい人は、税制面ではすごく不利な職業なのだと覚悟しておこう。何千万も稼ぐようになって、会社組織にすれば得だけど…。

|

« 雇用所得控除の矛盾 | トップページ | 半分と2倍の法則 »

コメント

めかさん こんばんは たけしたです
ライターさん って 大変なんやねぇ 個人事業主やしクリエイターやし 色々自分でせなあかんしねぇ もちろん本の著作権料も きっちり源泉徴収されてるんですよね。

あと フリーアルバイターの方々も すべて源泉徴収ですよね。 そうそう公務員はどうなんでしょうか? やっぱり給与所得者やから 課税控除やったっけ あるんでしょうかねぇ。

ではでは

投稿: たけした | 2004/05/24 18:53

たけしたさん、ども。

まあ、もともとそんなにもうかる仕事じゃないですねえ。単行本の印税は、もちろん源泉徴収されています。

フリーアルバイターは、年収が課税額に達しそうなら源泉徴収されているはずですが、学生などで短期だったりパートタイムの仕事で、年収が少なければ源泉徴収されないんじゃないでしょうか。公務員はサラリーマンですから、当然源泉徴収されているし、雇用所得控除はあるはずですよ。

投稿: meka | 2004/05/24 21:46

めかさん こんばんは たけした です。
すんません 思い出しました。私 国鉄でバイトしてたとき 源泉徴収されていましたわ。また 以前パートの人ん 源泉徴収していました。で 源泉徴収表だったかをわたして 年末調整だかでとりかえすんですよね たしか。
ではでは
ライターさんって 儲かっているイメージがあるなぁ なぜなんだろうーか(?)

投稿: たけした | 2004/05/24 23:45

たけしたさん、ども。

>ライターさんって 儲かっているイメージがあるなぁ なぜなんだろうーか(?)

それは、もうかっている人ほど目立つからです(笑)。
プロ野球選手だって、みんなが何億も何千万ももらっているわけじゃない。何百万円の選手もいるわけじゃないですか。

投稿: meka | 2004/05/25 02:02

めかさん こんばんは たけしたです。

そうかぁ 儲かっている人って めだつし そういった先輩方を見て ライターを目指さはるんやろねぇ みなさん。

で めかさんは 目立つ方ですよね とうぜん!

ではでは

投稿: たけした | 2004/05/26 00:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/638244

この記事へのトラックバック一覧です: ライターは源泉徴収される:

« 雇用所得控除の矛盾 | トップページ | 半分と2倍の法則 »