« 何のために雑誌を作るのか | トップページ | 心がこもっていりゃいいってものじゃない »

2004/05/06

豚丼風(北海道)

昨年、北海道で豚丼を食べて、想像以上のおいしさにびっくりした。自宅でも作るようになったが、本場の味は出せないので、あくまで豚丼風。

しょうが焼き用の5mmくらいの厚さの豚肉を、市販のしょうが焼きのたれで焼いて、あつあつのご飯に乗せる。それだけ。でも、おいしいんだよ~。気分によってタマネギなどを入れることもあるけど、野菜はおしんこやみそ汁で別に食べた方がいいみたい。

今年、また北海道に行くので、ぜひまた本場の豚丼を食べてみたい。

ちなみに、アメリカからの牛肉輸入禁止で吉野屋が出すようになった豚丼は、従来の牛丼と同じように出汁で煮るタイプで、まったく異なるもの。全国チェーンが豚丼という名前で別物をだしてしまったので、豚丼発祥の地・帯広あたりでは、脅威に感じているそうだ。

|

« 何のために雑誌を作るのか | トップページ | 心がこもっていりゃいいってものじゃない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/548094

この記事へのトラックバック一覧です: 豚丼風(北海道):

» 牛肉に生産情報 イオンが初めて「JASマーク」商品を販売 [肉の通販情報『この肉うまいで!』]
連続ですが、肉関連のニュースを書き込みます。 「イオンは6日、食べた餌や使った [続きを読む]

受信: 2004/05/08 00:16

« 何のために雑誌を作るのか | トップページ | 心がこもっていりゃいいってものじゃない »