« 正直な検索エンジン | トップページ | こんな言葉のすれ違いも »

2004/05/07

それは意味が違うでしょう

こんなすれ違いを見た。

ある掲示板で、「うっかり別の掲示板に書いて、しかられちゃいました。改めてこちらで質問します」という発言に、「私はあちらの掲示板も見ていましたが、○○さんは、とても親切にコメントしていたじゃないですか。しかられたなんていうのは失礼ですよ」というコメントが。

おーい。それは違うだろう。「しかられてしまった」というのは、○○さんに対する非難ではない。「自分が間違っちゃいました。悪いのは私です」という謙遜に、多少のはにかみを込めて冗談っぽく言っただけのことだ。

おおげさに自己反省してみせるという思いやりが、コメントした人への非難と受け取られてはたまらない。でも、この手のすれ違いは、けっこうよく見かけるんだよね。

裏の意味を理解できずに、言葉をストレートに取りすぎるのだろう。地方や世代によるコミュニケーション文化の違いかなあ。コミュニケーションの訓練不足で言葉の感性がにぶっているのだとしたら、とても悲しい。

|

« 正直な検索エンジン | トップページ | こんな言葉のすれ違いも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/553598

この記事へのトラックバック一覧です: それは意味が違うでしょう:

« 正直な検索エンジン | トップページ | こんな言葉のすれ違いも »