« フリーランスライター? | トップページ | 『時の旅人クレア』 »

2004/06/24

子供にはフィルタリングを

佐世保の事件のせいで、TVや新聞で、子供のインターネット利用がとりあげられることが増えている。もっとも、事件のせいばかりとは言えない。私はパソコン雑誌でセキュリティ関連の記事を担当することが多いけど、ここ数年、フィルタリングサービスを取り上げることが増えていた。現在発売中の『日経クリック』7月号の『Securityの隠しワザ』でも、たまたま取り上げているので、興味がある方は書店で見てほしい。子供のインターネット利用を考えなければならない時期に来ているのだろう。

2、3年くらい前までは、「インターネット利用を監視するなんて」という思いがあった。しかし、いまのインターネット事情は、そうは言っていられなくなっている。小中学生にインターネットを使わせるなら、フィルタリングは必需品だろう。

フィルタリングとは、有害と思われるサイトや機能の利用をブロックするサービスやプログラムだ。身近なところでは、ノートン・インターネット・セキュリティやマカフィー・インターネットセキュリティスイートに、その機能がある。残念ながらウイルスバスターには、あらかじめ指定したURLをブロックする機能しかない。

専用ソフトとしては、デジタルアーツ社のi-フィルターが、セキュリティソフトよりも、細やかな機能を提供している。アダルトや暴力などの有害サイトをブロックするだけでなく、特定カテゴリのサイトの使用を制限したり、インターネット利用を時間で制限することもできる。

個人向けのi-フィルターには、プロバイダーのサービスとして提供されているActive Editionと、パッケージ版のPersonal Editionがある。@nifty、BIGLOBE、ASAHIネットなどでは、月数百円の利用料で、Active Editionを利用できる。そのプロバイダーを接続に直接利用していなくても、接続会員であれば大丈夫だ。プロバイダーによっては、コンテンツ会員でも利用可能なところもある。

実はActive Editionに比べてPersonal Editionの機能は一段遅れていたが、この7月にバージョンアップするらしい。これまでPersonal Editionにはなかった時間制限機能なども盛り込まれるようだ。

フィルタリングサービスはかなり進んできているのに、まだあまり知られていないようだ。子供のインターネット中毒に困っている人は、利用を検討してみてはどうだろう。

@nifty「Webフィルタ for Kids
ASAHIネット「i-フィルター
BIGLOBE「Webフィルタリングサービス

|

« フリーランスライター? | トップページ | 『時の旅人クレア』 »

コメント

めかさん こんばんは たけした です。
フィルタリング なんとなく 知っていましたが よくわかりました。 幸い 我が家は 子達も 今のところ分別あるようにおもいますのでやれやれです。しかし 孫ができるころには どなってるんでしょうかねーー って だれもわからへんやろな すんません

そうそう 小学校とか パソコンが入っている(入れている所) なんか どうしてるんだろうなぁ ちょっと心配ですね


ではでは

投稿: たけした | 2004/06/27 20:19

たけしたさん、こんにちは。

やっぱり大切なのは、親や先生が、インターネットやパソコンについて、ちゃんと知っておくということなんでしょうね。

学校でも、団体レベルでは危険を理解してフィルタリングを使うことを推奨したりしているそうですが、本当に詳しい先生や親がいて、その人たちが指導できる立場にいないと、どうなっているのか不安です。

投稿: meka | 2004/06/28 08:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/831986

この記事へのトラックバック一覧です: 子供にはフィルタリングを:

« フリーランスライター? | トップページ | 『時の旅人クレア』 »