« お詫びの電話はいらない | トップページ | 白票では意味がない »

2004/07/06

マラソンを見るための本2冊

夢を走り続ける女たち―女子マラソン炎の闘い

アテネオリンピックの女子マラソン日本代表選手と世界のライバルたち、それに、アテネを目指しながら惜しくも代表に選ばれなかった選手たち。それぞれのこれまでの実績・記録、監督やコーチとのつながり、練習方法、人柄などを、スポーツライターの増田明美さんが紹介する。

増田明美さんは、けっして達者な文章を書く人ではないと思う。でも、ひとりひとりの選手に密着してきた取材力と、選手に対する暖かい目が、いきいきとした描写につながっている。

オリンピック・アテネ大会 マラソン金メダルへのセオリー

元オリンピック選手のコーチでありマラソン解説者の金哲彦さんが、アテネ大会のコース、代表選手の特徴、世界の状況などから、メダルの行方を分析する。女子では高橋尚子が代表になれなかったのは残念だが、3人の代表選手も金メダルへの可能性はじゅうぶんあるということで、面白くなりそうだ。

|

« お詫びの電話はいらない | トップページ | 白票では意味がない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/914161

この記事へのトラックバック一覧です: マラソンを見るための本2冊:

« お詫びの電話はいらない | トップページ | 白票では意味がない »