« 携帯から | トップページ | 「ハンドルネーム」ができたわけ »

2004/07/15

『道長の冒険 平安妖異伝』

『道長の冒険 平安妖異伝』

「価格設定」の記事で1500円を超えないので困ると書いたが、『オリンピック・アテネ大会 マラソン金メダルへのセオリー』と抱き合わせで、無事にオンライン書店で、送料無料で購入した。

平安時代、若き日の藤原道長を主人公にした和風&中国風ファンタジーだ。藤原道長というと傲慢な権力者という感じだけど、このシリーズに登場する道長は、出世を意識したりせず、音曲と武芸にも秀で、頭がよくて情がある、さわやかな青年。なかなか魅力的だ。

前作『平安妖異伝』は、連作短編集だったけど、こちらは長編。でも、章ごとに話が区切られているので、少しずつでも読みやすい。前作の芸術的で幻想的な世界よりも、少しおとぎ話風にわかりやすくなった。絵本にしたいような話だ。

|

« 携帯から | トップページ | 「ハンドルネーム」ができたわけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『道長の冒険 平安妖異伝』:

« 携帯から | トップページ | 「ハンドルネーム」ができたわけ »