« 『道長の冒険 平安妖異伝』 | トップページ | 『自己カウンセリングで本当の自分を発見する本』 »

2004/07/15

「ハンドルネーム」ができたわけ

少し前にfrunの会議室でも話題になっていたけど、たつさんのチョコログに「ハンドルネーム」には違和感があるとあったので、ついでに。

私がパソコン通信を始めた15年前には、もともと「ハンドル」という用語のみがあった。ハンドルという単語にネームという意味があるわけじゃないけれど、「ハンドル」は「ハンドル」。「ネーム」なんてものは、くっついていない。

これが「ハンドルネーム」と呼ばれるようになったのは、初心者向けのパソコン雑誌の編集者やライター、ネット運営者のせいだと思う。

私はパソコン通信にどっぷり浸っていたから、当然、「ハンドル」になんの違和感もなかった。原稿にも「ハンドル」と書いた。「ネットでは、『ハンドル』と呼ばれるニックネームで呼び合います。あなたも素敵なハンドルをつけてみましょう」。こういう記事なら、いい。しかし、「ハンドル」とは何かを説明するスペースがないときもある。欄外注や括弧書きの説明も、めったやたらには使えない。誌面や文章が複雑になって、わかりにくくなってしまう。

あるとき編集長が言った。「『ハンドルネーム』にしましょう」。「ハンドル」という、ヘビーユーザーにもわかる言葉を使いながら、「ネーム」と付けることで、まったくの初心者にも「どうやら名前のことらしい」と推測できる余地を残したのだ。

私は最初はものすごく違和感があったけど、ずっと使っているうちに、それが当たり前になってしまった。いまでは、大手プロバイダーのメニューにも、堂々と「ハンドルネーム」欄が出てくる。ここ5年くらいのうちにネットを始めた人は、むしろ「ハンドル」のほうがなじみがないだろう。

こういう言い換えは見苦しいという人がいる。でも、パソコン用語はむずかしくて、さっぱりわからないという人もいる。雑誌やプロバイダーは、大勢のユーザーに受け入れられてナンボであるから、初心者のほうが圧倒的に多い情勢では、初心者よりになるのは、仕方がないことなのだ。

似たような造語や言い換えは、他にもたくさんある。例えば、メールソフトなんて言葉は、もともとなかった。出始めは、メーラーといっていた。メールソフトはすっかり定着して、いまやメーラーという人の方が少ないのでは?

でも、さすがに「エディタソフト」は、定着していないみたい。Windowsでは、初心者がエディタを使わないで済むからだろうか。変な言葉が定着しなくて、めでたし、めでたし。

|

« 『道長の冒険 平安妖異伝』 | トップページ | 『自己カウンセリングで本当の自分を発見する本』 »

コメント

mekaさん、こんにちは。

ハンドル、と言うとワタシの場合は「アマチュア無線で海外局と、もしくは電信で交信した際に名乗る名前」が一番に頭に浮かびます。
日本のアマチュア無線が始まった大正時代から、使われていた言葉なんですよね「ハンドル」って。ただ、ネットのように色々な名前ではなく、自分の名前を短くしたものが殆どです。たとえば「はなこ」さんが「はな」とか。多分、そこからパソコンの世界でも使われるようになったのではないか、と推測します。
無線では今でも「ハンドル」ですね。「ハンドルネーム」では、海外と通じません…。

「ハンドルネーム」という言葉には慣れましたが、自分ではどうも違和感を感じてしまい、今のところ使う気にはならないですねぇ・・・。

投稿: こあき | 2004/07/17 20:17

こあきさん、こんにちは。

そうですね。パソコン通信初期に、ハンドルとはCB(市民無線)で使われる用語の流用だと聞きました。

私は、言葉は通じることが重要だと思います。

パソコン用語のほとんどは、英語を知っていれば、推測がつくものです。でも、日本で普通の人が普通に使うためには、「パソコンのことを知りたければ、英語を勉強しろ」というわけにはいきません。

知識がある人は、よく「マスコミが勝手に変な造語を作って普及させるのはけしからん」と言います。でも、マスコミはマスコミで、英語など習ったことがない人や、パソコンなど触ったことがない人にもわかるようにと必死なんですよ、ということを言いたくて、この記事を書きました。

どこかのライターや編集者が勝手な造語を作っても、使えないものは定着しません。「ハンドルネーム」がこれだけ普及したのは、それなりに「使える」言葉だったからだと思います。

海外に通用しないといえば、「パソコン」だって、通じません。海外で通用させるつもりなら、カタカナ語ではなく、英語を勉強する必要があると思います。

投稿: meka | 2004/07/18 21:41

こあきさん、こんにちは。

すみません、ちょっとコメントが舌足らずでつっけんどんな感じになってしまいました。

ただ、この問題については、いろいろと思うことがあって、ひとことでは書き切れません。そのうち、思っていることをおいおい書いていこうと思います。

投稿: meka | 2004/07/18 22:06

mekaさん、こんばんは。

確かに言葉は時代と共に成長・変化するものですね~。

言葉に対する背景は人それぞれですから、自分にとってのスタンダードがあるのは当然だと思います。それを押し付けあうのではなく、尊重しながらうまく共存できればイイな、と思っています、ワタシは。
普及しなかった言葉と聞いて「E電」を思い出しました。去年、渋谷駅のホームで案内板を見たんですよ。まだ、あったんだ、と。(^^)

おいおい書かれることを楽しみにしています。

投稿: こあき | 2004/07/19 23:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/975973

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハンドルネーム」ができたわけ:

« 『道長の冒険 平安妖異伝』 | トップページ | 『自己カウンセリングで本当の自分を発見する本』 »