« 細かいハードの売却 | トップページ | 余裕が生むやさしさ »

2004/07/25

手際よく売るコツは、買ったときから

仕事がら、まあまあ最新の機種を体験しておく必要がある。自然といらないものがたまってくるが、置いておく場所もないので、売却することになる。

何年か買ったり売ったりを繰り返してきて思うのは、手際よく売るには買ったときから準備が始まると言うことだ。

以前はものを買うと、マニュアル、CD、ケーブルなどに分けて保管していた。マニュアルやCDはまとめて本棚などに並べた方がきれいだし、ケーブルは他の機種でも使えるものが多いからだ。箱はたたんで押入に入れておけばいい。しかし、いったんバラバラにすると、いざ売ろうとするときに集め直すのが大変だ。内容物のリストを見て集めても、何か抜け落ちたり、勘違いして他のものを入れてしまったりすることがある。以前、デジカメを売ったときには、電源ケーブルがその機種のものとは違うと言われてしまった。同じメーカーのほかのものと入れ違えたらしい。

何度かこりたので、最近買ったものは、機種ごとに箱にまとめて保管することにしている。これって場所を取るから、それはそれでやっかいなんだけど。

まあ、以前はパソコン以外のものが売れるなんて考えていなかった。デジカメなんてあっという間に古くなったから。最近は、細々としたものも、いくらかは値段が付くようになってうれしい。100円くらいの価格がつくことよりも、ゴミにならないことがうれしいんだよね。

|

« 細かいハードの売却 | トップページ | 余裕が生むやさしさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/1045363

この記事へのトラックバック一覧です: 手際よく売るコツは、買ったときから:

« 細かいハードの売却 | トップページ | 余裕が生むやさしさ »