« ATMで郵便振替 | トップページ | たまる電池 »

2004/08/04

ガス台の電池

ガス器具の定期点検の人が来た。ガス台を点火して、「ああ、電池が切れかけていますね」と言われた。カチカチカチという音の間隔が長いというのだ。最近、火のつき具合が悪いと思っていたが、電池切れだったのか。そういえば、点火器には電池を入れるものだよなー。でも、12年も電池を入れ替えずに使っていたから、電池が入っているなんてことは、すっかり忘れていた。見えないところにも、電気は使われているのだな。

|

« ATMで郵便振替 | トップページ | たまる電池 »

コメント

めかさん こんばんは たけしたです。
そういえば ガス台にも入っていますね。電池
私も忘れていました。 しかし ガス器具の点検 って うちも来たんやろうかぁ?

昔は 圧電方式で電池いらんかってんけどなぁ
電池が必要になるって 技術的後退やないのかなぁ
って思う私は 古いんかいなぁ(笑)なにせ電磁調理器とかが実用化されてる時代やからなぁ。

ではでは

投稿: たけした | 2004/08/06 19:47

このあいだ、小布施の日本のあかり博物館で、火打ち石の打ち方を講習していました。慣れないとけっこう難しそう。でも、江戸時代には、大人はみんなできたんやねえ。

そういえば、いまの小学生は、マッチをすれるのかな。

投稿: meka | 2004/08/06 20:37

めかさん こんばんは たけしたです。
うーん 火打ち石 まだやったことないですねぇ
やっぱり 石と石をぶっつけあうん?

小学生なぁ マッチすれるけど 火事になる場合がおおいんとちゃうかなぁ??
口はたちますが 小学生(検診いって特におもう今日この頃です)(笑)

ではでは

投稿: たけした | 2004/08/06 23:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/1119182

この記事へのトラックバック一覧です: ガス台の電池:

« ATMで郵便振替 | トップページ | たまる電池 »