« 電波状態が悪い | トップページ | 家電製品の功罪 »

2004/08/23

女子マラソン:目に映るものと、心に残るもの

オリンピック女子マラソン、野口みずき選手もヌデレバ選手のデッドヒートはすごかった。

しかし、それより驚いたのは、3位に入ったアメリカのカスター選手だ。この人は、25kmあたりで野口選手がスパートしたときには、7、8人の先頭集団にいなかった。かなり遅れていたはずである。それが、気がついたら3番目にスーッと現れて銅メダル。すごいドラマがあったはずなのに、TVカメラは写さないし、アナウンサーもほとんど言及しない。入賞くらいならともかく、銅メダルである。もっと他国の選手のことにも触れろよな。

と思って録画を見たら、ちょっとずつだったけど、アレヨ選手を抜いて3位になったあたりから、ちゃんと映っている。40km過ぎで、アナウンサーも言及している。

どうやら私が野口 vs ヌデレバの勝負に気を取られていて、目に映るものを見ていなかっただけらしい。やれやれ。

それにしても、夕刊では35km-40kmのカスター選手のラップは、16:20。同じ区間の野口選手は16:56で、ヌデレバ選手は16:40。なんともすごい追い上げだ。

|

« 電波状態が悪い | トップページ | 家電製品の功罪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/1256596

この記事へのトラックバック一覧です: 女子マラソン:目に映るものと、心に残るもの:

« 電波状態が悪い | トップページ | 家電製品の功罪 »