« 女子マラソン:目に映るものと、心に残るもの | トップページ | もう1回フェルメール »

2004/08/25

家電製品の功罪

お盆に実家に帰ったら、なぜかいつもと行動パターンが違う。よく考えたら、食後に食器洗いをしていないのだ。

私の母は、75歳。年のわりに元気とはいえ、「膝が痛い」「疲れた」などぶつぶつ言う。ぶつぶつ言うくせに、こまごまと動き回って何かしら仕事をする。動き回りたい性分なのだろう。それで、私はいつも実家では、食事が終わったら、争うように食器を洗い始めなくてはならない。でないと、母が全部洗ってしまう。そして、バタバタ動き回ったあとで、「しんどい」を連発するのだ。

ところが、今年は勝手が違った。システムキッチンにして、食器洗い機を入れたのだ。あせって食器を洗う必要がない。私としてはのんびりできて助かるが、ちょっと残念な気もする。

そういえば、共働きの姉の家では、甥が小学生のときから食器洗いを担当していた。お小遣い値上げ交渉ではじめた食器洗いを高校生になっても続けていたが、食器洗い機を買ったとたんにやらなくなったとのこと。

私が子どもの頃は、食器洗いのほかに、風呂の水入れと湯かげんを見てガスを止めるのは、子どもの仕事だった。これもいまは、蛇口をひねると適温のお湯が流れ出して、適量になると自動的に止まる。便利になったな~。

さらに以前は、薪でわかす風呂番は、子どもの仕事だったという。また、薪割りは大人の男性の仕事。家事が大変な時代は、家族がみんなで分担して、家の仕事をこなしていた。主婦だけがやっていたのではない。

家電製品の進化で、女性が大いに助かったのは、間違いない。でも、その代わり、家族が家事を分担することがなくなってしまったような気がする。それって、ちょっと違うような気がする。

|

« 女子マラソン:目に映るものと、心に残るもの | トップページ | もう1回フェルメール »

コメント

めかさん こんばんは たけしたです。

>家電製品の進化で、女性が大いに助かったのは、間違いない。でも、その代わり、家族が家事を分担することがなくなってしまったような気がする。それって、ちょっと違うような気がする。

そうやさかい 近年キャンプや アウトドアBBQとかが
流行るんやろか そういえば 車の宣伝でも 家族はチーム みたいなんやってたし。

ではでは

投稿: たけした | 2004/08/26 17:28

たけしたさん、こんにちは。

山男や釣りをする人は、野外の料理をしますね。サバイバル力を考えると、機械にばかりまかせていると、いざというときに生存率が低くなりそう。

投稿: meka | 2004/08/26 20:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/1276709

この記事へのトラックバック一覧です: 家電製品の功罪:

« 女子マラソン:目に映るものと、心に残るもの | トップページ | もう1回フェルメール »