« 高いユースド価格 | トップページ | TEPCOひかり »

2004/09/17

謙遜って、むずかしい

ランニングを始めて4年ほどになる。走れる距離は長くなってきたが、速度はあんまり変わらないので、走ることを趣味にしている人の中では、いつも一番遅いくらいだ。でも、自分を基準に考えると、大幅に成長しているので、とても楽しい。だから、わざわざ他人と比較して落ち込んだりすることはない。

だけど、「私、すごく遅いんです~」という人にタイムを聞いてみると、自分よりもずっと速かったりするのは、やっぱり気持ちよくないのだ。

たいていの人は、自己紹介で「私は遅いです」という。でも、たいていの人は、私より速い。現実に速い人はたくさんいるので、本人の正直な気持ちだろうとは思う。それに、「私そこそこ速いですよ」なんていえば、日本社会でつまはじきにされることは間違いない。だけど、自分より明らかに速い人に「遅いんです~」と言われると、「じゃあ、あんたより遅い私はなんやねん(^^;)」と、バカにされたような気になるのだ。

ふと思った。高校生の頃、数学の問題を解いてほめられて、「いやあ、それほどむずかしい問題じゃないから」と言ったとき、それが溶けずに四苦八苦していた人は、いやな気分だったのではないか。謙遜したつもりが、かえって他人を傷つけていたかもしれない。

なんでも謙遜すればいいというもんじゃない。あまり自慢たらたらというのもよくないけど、「私なんか○○です~」なんていうのは、ほどほどにしておこう。

|

« 高いユースド価格 | トップページ | TEPCOひかり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/1453909

この記事へのトラックバック一覧です: 謙遜って、むずかしい:

« 高いユースド価格 | トップページ | TEPCOひかり »