« 住基ネットの効用 | トップページ | これってフィッシング? »

2004/10/14

「大人の対応」の問題点

ネットのコミュニケーションでは、よく「大人の対応」が話題になる。「このサイトの仲間は、みんな大人だから、いい関係が保たれている」みたいに。

確かに、大勢の人が集まるところでは、「大人の対応」が必要なことは多い。でも、これってかなり危険もはらんでいるのではないだろうか。

問題は、何が「ささいなこと」で、何が「非常に重要なこと」なのか、人によって受け止め方が違うということだ。とても重要なことを主張しているのに、「いいかげんに大人の対応をしなさい」と非難されたり、いじめや差別が「大人の対応」として、見逃されているかもしれない。

差別を指摘すると、当初は、ほぼ100%が、「そんなことたいした問題じゃない」とか、「つまらないことでごちゃごちゃ言うな」と切り替えされる。それでも、長い年月をかけて多くの人が主張してきたために、つまらないことではないと気付いていく人が多いのだ。

|

« 住基ネットの効用 | トップページ | これってフィッシング? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/1678936

この記事へのトラックバック一覧です: 「大人の対応」の問題点:

« 住基ネットの効用 | トップページ | これってフィッシング? »