« 『輝く湖にて』 | トップページ | 靴 vs.爪 »

2004/11/15

自家製甘酒

新装開店したスーパーを探検していたら、麹を見つけた。パッケージの裏に、自家製甘酒の作り方が載っていたので、作ってみることにした。

説明には、米100gを水600mlで粥状に炊いて、60度にさめたところでほぐした麹1袋を入れ、保温しながら6時間おくだけだとある。

まず、お粥が必要だ。炊飯器のお粥用ふたをどこにしまったのか思い出せないので、土鍋で米を炊く。炊き始めてから、シャトルシェフ(保温鍋)なら保温しやすいと思いついて、シャトルシェフに移す。ところが移してみると、鍋の大きさに比べて、お粥の量が少ない。これでは、6時間も保温するのは難しそうだ。逃げる熱量が一定なら、中味が多いほど、温度の下がり方は少なくなる。物理学の常識だ。

そこで思い出したのが、昨年買った中型の保温水筒だ。口が広いから、お粥を入れてもあとで手を突っ込んで洗うことができるぞ。ということで、お粥を水筒に移す。容器を移すたびに、少しずつ分量が減っていくような気がするが…。

手頃な温度計がないので、箸の先でつまんだ米粒を食べて見て、温度加減を判断。麹を砕いて混ぜるが、水筒の口が狭くて非常に混ぜにくい。土鍋は案外保温力は高いので、土鍋で混ぜて、新聞紙とバスタオルで包めばよかったなあ。でも、また移すとさらに中味が減りそうだ。それに、すでに麹を混ぜてしまったので、高温にはできない。これからバイ菌にとって活動しやすい温度に保つわけだから、下手に容器を移すと、コンタミ※も心配だ。長い菜箸を使ってなんとか混ぜて、蓋を閉めた。途中でのぞいてみたい気もするが、蓋を開けるたびに温度が低くなるだろうし、雑菌混入の機会も増える。じっとがまんだ。

※微生物研究者に通じる用語で、コンタミネーションの略。微生物培養時に、雑菌などの目的外の菌がまじり、繁殖してしまうこと。

6時間くらい経ったところで、蓋をあけてみた。できているのかどうかよくわからないので、箸でちょっとつまむと、ほのかに甘い。うん。でんぷんが分解されて、グルコースになったのだなあと思って、感銘を受ける。

しかし、このままでは堅めのリゾットという感じなので、水で薄める必要がありそうだ。鍋に移そうとするが、水筒の口が狭くて移しにくい。やっぱり、次にやるときは土鍋にしよう。

適当に水で薄めて、鍋を火にかける。暖めながら、念のために味見してみると、薄めたせいか甘みがものたりない。当然か。そこで思いついて、60度くらいに暖めたところで火を止め、そのまま放置。まだ麹は死んでいないはずだ。ときどき弱火にかけて暖めなおして3時間くらい。うん。少し甘みが強くなったような気がするぞ。

一部を湯飲みにとって、電子レンジで温めて飲んで。ちょっとあっさりしてものたりないけど、かなり甘い。砂糖を入れないのに、これだけ甘くなるとは思わなかった。砂糖が高価な時代には、貴重な甘みだったのだろう。

とても一度に飲みきれる量ではないので、そのまま鍋を置く。翌日また飲んだら、さらに甘くなったような気がする。置いている間に、でんぷんの分解が進んだのかしらん。すべて飲み終えるのに1日半くらいかかったが、だんだん甘くてこくがでてきた。麹くんは、しぶとい。

甘酒はそれほど好きなわけじゃないけれど、案外簡単にできたのでうれしい。もともとは微生物工学が専門なので、知識が多少は役に立ったかも?

|

« 『輝く湖にて』 | トップページ | 靴 vs.爪 »

コメント

mekaさん、こんばんは。

甘酒づくりですか~。おもしろいことされてるんですね。
なんか科学の実験みたいな感じです。
でも、自分で作ってみて、どんどん米が甘酒になっていくのを見るのは楽しそう。

保温用ポットいわゆる魔法瓶って結構便利ですよ。
小豆を洗って、ポットに入れて熱湯を注いで一晩おけば、
次の朝には小豆が結構柔らかくなっているので、煮豆も楽で~す。

投稿: まりも | 2004/11/15 20:42

まりもさん、こんにちは。

料理は化学(ケミストリー)だというのは、化学者の間では以前からよく言われています。でも、物理や生物や数学も関係あるから、料理は総合科学かな。その気で見ると、面白いですね。子どもに実演して見せてやるといいかも。

保温水筒は小型シャトルシェフみたいなものですよね。固形物を入れたり、中で混ぜようとするとやっかいでした。もう少し水分を多くしてどろっとさせて、麹を混ぜてから、保温水筒に入れるといいのかもしれませんね。

投稿: meka | 2004/11/15 21:33

めかさん 今晩は たけしたです。
ふぅーん 甘酒って 造れるんですねぇ。
私もやってみたくなりました。スーパーの
何売場あたりが 捜索場所でしょうか?

実は私 ここ数年 料理を趣味にしています。(いったっけ) 教室通いしてます。
成果はここね
http://www3.big.or.jp/~tkst/cook1/index.htm
ちなみにリンクフリーではありません(笑)
リンク不可(恥ずかしいもん)ですが 口コミ可(笑)
ではでは

投稿: たけした | 2004/11/16 00:05

たけしたさん、こんにちは。

料理が趣味なのは知っているけど、教室通いは知りませんでした。本格的なのね。

麹は、冷蔵品です。うちの近くのスーパーでは、納豆コーナーの近くの酒粕のとなりに置いてありました~。

投稿: meka | 2004/11/16 09:45

めかさん こんばんは たけしたです。
いやいや いらんこと言いの いろんことしぃ、ですわ(笑)
ページも書き足さなくていけないのですが ついつい
時間ができたら 走りにいってしますもので なかなかぁ(笑)
ネタはたまっているのですがねぇ。
ではでは

投稿: たけした | 2004/11/16 16:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/1968598

この記事へのトラックバック一覧です: 自家製甘酒:

« 『輝く湖にて』 | トップページ | 靴 vs.爪 »