« ラドクリフ復活 | トップページ | ISDNは必要なのか? »

2004/11/09

電話料金明細内訳

最近、電話料金などで領収書を郵送しない変わりに料金が安くなるサービスが多い。でも、うちは一応個人事業で、領収書があったほうがいい。残念ながら紙の明細と領収書を郵送してもらっている。

しかし、今日、NTT東日本の明細書を見ていて気が付いた。明細内訳書として、100円の請求がある。これは、通話先の電話番号を通知するサービスだ。仕事の通話かどうかいざとなったら証明できるように、申し込んでいた。しかし、固定電話はほとんど使わないし、使うときはKDDIだから、通話先の明細はない。それでも以前は自分の携帯電話への転送だけが記載されていたが、半年ほど前から固定から携帯も会社を選ぶことができるようになったので、KDDIで転送するようにTAを設定してしまった。だから、この半年ほど、NTT東日本には、通話料金を払っていない。なのに、明細内訳書の料金として100円(消費税を入れれば105円)を取られている。さっそく電話して、明細内訳の発行を止めてもらった。

これで、毎月105円の節約だ~。

|

« ラドクリフ復活 | トップページ | ISDNは必要なのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/1914994

この記事へのトラックバック一覧です: 電話料金明細内訳:

« ラドクリフ復活 | トップページ | ISDNは必要なのか? »