« 携帯は、安心だけど、安全でない | トップページ | 温水プール »

2004/12/18

スポーツ版人間ドック

先日のつくばマラソンのとき友達に教えてもらったので、横浜市スポーツ医科学センタースポーツプログラムサービス(SPS)を受けてきた。医学的検査、運動負荷試験、体力測定などをまとめて行う、スポーツ版の人間ドックだ。

市外在住だと17000円かかったが、よくある血液検査や体力測定のほか、内科医師による診察、運動負荷試験(医師の観察のもと、エアロバイクで運動負荷をかけながら、心電図と血圧を測定)、食事習慣の評価と管理栄養士によるアドバイス、トレーニング相談などを受けられるので、じゅうぶんもとは取れたと思う。

体脂肪率は、背中と腕を皮膚をつまんで皮下脂肪の厚さをを測定する方法で測った。最近、家庭用の体重体脂肪計では、26~27%と出るので、おかしいと思っていたが、SPSでは21.4%という結果が出た。ランナーとしては少ないとはいえないが、一般人としては良好だ。電導率で測定する家庭用体脂肪計が、いかにいいかげんかがわかる(うちのが壊れているだけかもしれないが…)。

面白かったのは食事診断だ。これは、事前に送られてきた、詳細な問診票に基づいて計算される。
私は、タンパク質、カルシウム、ビタミンA、B1、B2、Cなどほとんどの栄養素で摂取量を満たしていたが、鉄だけは1日に12.0mg必要なところを8.2mgしか取っていなかった。肉類や野菜はそこそこ取っているのだが、卵や大豆製品が少ないためらしい。鉄欠乏性貧血になったのは食生活のせいではないと思っていたけれど、そうでもないらしい。

それにしても、アルコール飲料が全摂取エネルギーの21.5%。嗜好品でのエネルギー摂取は10%以内が目安だと言われた。これは、やっぱり高すぎるかなー。

筋力や骨量は普通だが、柔軟性は悪い(^^;)。また、運動負荷試験で脈拍の上昇から計算した全身持久力は5段階評価の2で、かなり低くなってしまった。ただし、アドバイザーの話では、自転車をこぐのが下手だと低く出たりするので、これだけではなんともいえないらしい。

運動負荷試験で不整脈が出なかったのは、万々歳だ。ただ、安静時心電図で、少し変わった波形が出たので、異常とまでは言えないが近くの病院でエコー検査を受けるように勧められてしまった。また、血圧は高めだ。

自分の弱点がわかったので、生活を見直すきっかけになりそうだ。

|

« 携帯は、安心だけど、安全でない | トップページ | 温水プール »

コメント

mekaさん、こんにちは。

へ~、こんなのがあるんですね。
市外在住者17000円は高いな~と思いましたが、横浜市民でも15000円だったらそんなに変わらないですね。
一度受けてみたいです。

体脂肪計、うちのもちょっとおかしいんじゃないかと思うんです。
測るたびに、3~4%違うし、この間も22%台が出た翌朝に測ったら、27%台になっていて、ガックリ来ました。

投稿: まりも | 2004/12/18 20:35

まりもさん、こんにちは。

マラソンなどでの心臓発作による突然死を防ぐには、運動負荷試験をしたほうがいいそうです。運動負荷試験をしてくれるだけでもいいと思ったのですが、体脂肪率や食事診断も面白かったです。全身反応時間は、とろいんじゃないかと思っていましたが、普通だったのでホッとしました~。

投稿: meka | 2004/12/18 20:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/2303124

この記事へのトラックバック一覧です: スポーツ版人間ドック:

« 携帯は、安心だけど、安全でない | トップページ | 温水プール »