« サラダ手巻き寿司 | トップページ | 朝日 vs NHK、陰でほくそ笑む者 »

2005/01/22

血圧対策の副次効果

血圧が高めなので、塩分摂取量を減らすのと同時に、アルコールの摂取を1日20ml以内にとどめることにした。アルコールの分量にして、30度の泡盛なら66ml、43度なら46.5mlだ。

計量カップで量ってみると、いままでコップ1杯で1合だと思っていたのが、実は130mlくらいしかないことがわかった。なーんだ。1日2合飲んだと申告していたのは、実は約1合半だったのだ。

それはともあれ、量って飲むようになると、自分が意外にアルコール中毒ではないことがわかった。いままでお酒をだらだら飲んでいたのは、本当にお酒が飲みたかったのではなく、ストレス解消のためのひとつだけだったらしい。

先週の『ためしてガッテン』を見てからだから、10日くらいになるが、先週の土曜日についもう1杯だけ飲んでみたのと、昨夜、友だちと外で飲んだので自由に飲んだ(ビール中ジョッキ1杯、日本酒2合、ゆずサワー1杯、泡盛1ショット)だけで、その他の日は、厳密に1日20mlを守っている。アルコール摂取が命にかかわる病気ではないので、このくらいの例外はいいだろう。

ところで、アルコール量を減らして10日も経つと、思わぬ副次効果が現れた。体重が減っているのである。減塩のため、自炊の割合が増えているのあるのだろうけど、アルコール量が減っている効果は高いのではないだろうか。年末のSPSでも、総摂取カロリーのうち、アルコールが20%という診断を受けている。これが半分になったのなら、総摂取カロリーが10%落ちたことになる。

|

« サラダ手巻き寿司 | トップページ | 朝日 vs NHK、陰でほくそ笑む者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/2659052

この記事へのトラックバック一覧です: 血圧対策の副次効果:

« サラダ手巻き寿司 | トップページ | 朝日 vs NHK、陰でほくそ笑む者 »