« NHKの一般職員、がんばれ! | トップページ | 何のために走るのか »

2005/02/05

人生なんて無目的

朝ドラで、プロポーズされるヒロイン。相手のことは好きだけど、仕事と両立できるかと悩んだあげく、叔母に「好きだったら、大変でも一緒にやっていけばいいじゃない」と言われて、結婚を決心する。

それはまあ、それでいいんだろうけど、いまの若者がなかなか結婚できないのは、「結婚は、大変でも一緒に乗り切っていきたいと思える好きな相手とするもの」というイメージができちゃっているからじゃないのだろうか。好きな相手と困難を乗り越えていけるなら、それは素敵なことだけど、そこまで思える相手と巡り会える人は、わずかだろう。目の前にいる相手と困難を乗り越えていけるかと思うと、思えない場合が多いのじゃないだろうか。

むかしは、結婚しないと生活していくのが大変だったから、無理矢理でも結婚するしかなかった。それで不幸になった人は多いけど、もがいて暮らしていくうちに幸せになった人も多いと思う。

仕事選びもそうだ。いまの若者は、「やりたい仕事が見つからない」という。本当にやりたい仕事を見つけられる人など、ほとんどいないよ。それに、やりたいと思った仕事だって、長い年月やっていればいやになることもあるし、やりたくなかった仕事でも、やっているうちに奥深さがわかって面白くなってくることがある。

むかしの人は、選択の余地は、あまりなかった。少ない選択肢の中で、必死にあがいてきた。

いまの若者は選択肢が多すぎて、選べなくなっている。いまの大人は、「努力すればやりたいことはできるのに、努力しようとしない。ぜいたくだ」という。しかし、大変な努力をしてまでやりたいことを見つけられることは、あまりない。むかしの人は、やりたいことがあろうがなかろうが、努力しないとまともに暮らしていけなかった。いまは、そこそこの努力で、そこそこの暮らしができてしまう。そこそこの努力しかしていないツケは、あとになってやってくるのだけれど…。

私が若い頃は、なんでも無理矢理やらなきゃいけないのが、とても不幸だと思っていた。だから、あとの世代は自分で選べるようになればいいと思った。いまの世の中を見ていると、「さあ、選べ。やりたいことを見つけろ」と迫られるのも、不幸なような気がする。

私の時代だって、本気になれば、もっと選択肢はあった。だけど、大変な苦労をしなきゃいけない選択肢を、私が放棄しただけだ。程度の問題こそあれ、いまの若者とあまり変わらない。

人生なんて、目的があるわけじゃない。そのときどきで、もがいていくしかないんだ。もがかざるをえない環境におかれたほうが、かえって人間は幸せなのかもしれない。

|

« NHKの一般職員、がんばれ! | トップページ | 何のために走るのか »

コメント

こんにちわ★
あなたのサイトをランキングに参加しませんか?
ランキングに参加すると見てくれる人が今以上に増えますのでお得です(^^)/
ではこれからも頑張って下さい☆

投稿: 人気BLOGランキング | 2005/02/05 14:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/2812833

この記事へのトラックバック一覧です: 人生なんて無目的:

» 結婚相手より生き方をさがせ? [占い師の囁き]
私が占いをやっていると、いわゆる「負け犬(30代・未婚・子なし)」と巷で呼ばれる人たちや、もうすぐ負け犬の年齢に当てはまりそうな人からの結婚についての相談は多い [続きを読む]

受信: 2005/02/24 10:29

« NHKの一般職員、がんばれ! | トップページ | 何のために走るのか »