« 人生なんて無目的 | トップページ | 「不要」のはずなのに »

2005/02/05

何のために走るのか

最近、インターネットでダイエットやフィットネスのコーナーを見ていると、ウォーキングを勧めている人が多い。ジョギングはとても危険で、必ず故障するからだそうだ。

うーん。確かに、体重が重くて筋力もないのに、むかしと同じつもりで走ったらケガするとは思うけど…。私は、7年くらい通勤なし自宅でデスクワークという運動不足状態で、40歳で走り始めたけど、故障はしなかったぞ。

筋力が衰えているのに、中高生と同じ感覚で、1km4分台や5分台でストライド走法で走ろうとするから故障するのである。歩幅の小さいピッチ走法で1km8分~9分から始めて、距離にも気を配っていたら、そうそう大きな故障は起こさないと思うけどなあ。

それに、運動能力を向上させようとすれば、故障はつきものだ。故障するのは、走り始めの人だけではない。10年も走っているベテランだって、故障は起こす。

確かにウォーキングは安全かもしれない。だけど、30代や40代で、まったく故障が起こらないレベルでひたすら歩いていて、面白いだろうか。たまのハイキングではない。条件によって違うが、1か月で1kgの脂肪を燃やすには、1日1時間のウォーキングが必要だ。

「安全」ということに、神経質になりすぎているのじゃないだろうか。

健康のためには、運動は必要だ。でも、健康のためにひたすら安全な運動を続けるのって、大変だ。それが簡単にできるのなら、世の中にこんなに肥満で運動不足の人は、あふれていない。

楽しいから運動する。生活の中で自然に運動する。そういう環境を作れなければ、意味がない。それなら、安全のためにただ歩けというよりも、できるだけ危なくない走り方で走った方が、ずっといい。だって、走る方が楽しいもの。

|

« 人生なんて無目的 | トップページ | 「不要」のはずなのに »

コメント

mekaさん、こんにちは。
私も、ウォーキングよりも走るほうがずっと楽しいと思う。きちんとしたウォーキングが出来る人はゆっくりジョギングくらい難なくできるような気がします。
ウォーキングというと、なんだかのんびり歩いてもいいように勘違いしてる人が多いみたいですね。それは「散歩」であって、別の楽しみ。
自分のペースにあわせて楽しく走ることって、走ったことない人には結構難しいもののようです。
みんな、速すぎ。が~っと走るんだもの。

投稿: こうめ | 2005/02/08 07:39

こうめさん、こんにちは。

2年ほど前に、礼文島の8時間コースで5、60代のご夫婦に出会いました。ご主人は山男だけど奥さんは「私はダメなんです」と言いながら、とっととっとと歩いて行って、全然追いつけないんですよ。

あとで聞いてみたら、仲間と毎日ウォーキングしているんだそうでした。私がマラソンを走っていると聞いて「偉いね~」と言ってくださいましたが、あの方なら、ホノルルマラソンなどラクラク走れます。

「とても走るのは無理」という方は、みなさん、やっぱり速すぎますよね。ぼちランを覚えれば、ずっと楽しいのになあと思います。

投稿: meka | 2005/02/08 09:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/2816220

この記事へのトラックバック一覧です: 何のために走るのか:

» 散歩とウォーキングとジョギング [ぼちぼちライフ]
ラン友達のmekaさんが、ご自身のブログで「何のために走るのか」という記事を書か [続きを読む]

受信: 2005/02/07 23:01

« 人生なんて無目的 | トップページ | 「不要」のはずなのに »