« 同じホテルの同じ部屋でも | トップページ | パソコン通信の消滅 »

2005/02/14

なんで英語をやるの?

以前からぼちぼち英語の勉強をしてはいるものの、なぜ数日前に突然盛り上がったかというと、それはひとつには、仕事でスパイウェアの記事を書いているからだ。

フリーのスパイウェア駆除ツールとして有名なものには、Ad-wareとSpybotがある。Ad-wareにはフリーの日本語パッチがあったが、今度日本でパッケージソフトとして販売されるということで、日本語パッチの配布がなくなってしまった。Spybotは日本語化機能があるし、日本語テュートリアルもあるが、ダウンロードサイトは英語で、ダウンロード直後の表示は英語。最近は、日本語ソフトでたいていのことはできるようになったから、こういうことも減っているけれど、やはり最新のものは日本語されていないことがある。でも、いまどき英語ソフトは使えませんなんて言えないんだよね。

でも、本当の理由は、やっぱり気力を失っているからかなあ。本当にやらなければいけないことは、もっとほかにある。だけど、それをやる気力がなかなかわいてこなくて、かといって遊んでしまっていてはいけないという気持ちがあって、それじゃあ少しでもやりやすいところから何かやろうかというときに、転がっているのが英語の勉強なのだ。

それでも、何もやらずにぼーっとしているよりはマシだろう。ということで、やる気になったときに、やれることはやっておくのだ。

|

« 同じホテルの同じ部屋でも | トップページ | パソコン通信の消滅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/2922470

この記事へのトラックバック一覧です: なんで英語をやるの?:

« 同じホテルの同じ部屋でも | トップページ | パソコン通信の消滅 »