« 着物で家事をする | トップページ | 『テレビの嘘を見破る』 »

2005/02/18

作業所のお仕事

Amazonのマーケットプレイスで本を買ったら、送り主は「○○書店」になっているけど、「このパッケージは『○○作業所』でダンボールを再利用して作りました」とある。なるほど。知的障害者通所施設で、こんな仕事をしているんだ。

ちなみに、買ったのはコミック1冊で定価は390円+税だけど、1円の価格が付いていた。こちらには340円の送料が付くから、古本としては安くないが、定価よりは安いから買う気にはなる。出品者には260円の送料が払われる。冊子小包にすれば送料は210円だから、50円の差額が取れる。小さい利益だけど、Amazonの販売力を考えれば、賢い商売だ。

作業所は、たぶん1冊10円とか20円の手間賃で梱包を引き受けているのだろう。

|

« 着物で家事をする | トップページ | 『テレビの嘘を見破る』 »

コメント

知的障害者通所施設で働いていたことがありますが、本当に安い手間賃でみんな頑張ってます。
私がいた頃なんて、単価10円、20円なんてのは夢のまた夢で、1円以下の世界もありました。

梱包もワンパターンでするのは楽ですが、その都度注文に合わせてというのは、結構複雑で難しいだろうと思います。どうしたらパターン化できるか(そうすれば、障害の重い人でもできることが増えるので)と考えるのが、こういうところの職員の仕事になります。

投稿: まりも | 2005/02/18 22:22

仕事をとるのは大変なようですね。本は、ものすごくていねいに梱包してありました。

投稿: meka | 2005/02/19 01:20

見れば私に振っているかのようなネタ。(勘違いだったらゴメン)
二桁の授産の仕事はホント夢のまた夢、1円か、それ以下の仕事がほとんどですよ~。(うちの授産仕事の場合ですが…)ただ、作業のパターン化を考えることも大事ですが、障害のある人たちを支援していくことも重要な仕事です。

投稿: ヤマシュウ | 2005/02/20 19:59

ヤマシュウさんにふったわけじゃないのですが、書くときに思い出していたのは確かです。

いい仕事を確保するのは、きびしいのですね。サポートのプロとして、がんばってくださいね。

投稿: meka | 2005/02/20 22:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/2983613

この記事へのトラックバック一覧です: 作業所のお仕事:

« 着物で家事をする | トップページ | 『テレビの嘘を見破る』 »