« 江戸時代、日本はサマータイムだった | トップページ | ANAの「みんながハッピー」キャンペーン »

2005/03/02

作業所のお仕事(2)

吉野ヶ里歴史公園の売店で、牛乳パックをすいて作ったというハガキを買った。帰宅してからよく見たら、中のカードに「知的障害者通所授産施設 かささぎの里」とあった。これも、作業所のお仕事なのか。最近、縁があるなあ。

|

« 江戸時代、日本はサマータイムだった | トップページ | ANAの「みんながハッピー」キャンペーン »

コメント

うちの園でも、「和紙はがき」すいています。昨今の絵手紙ブームでけっこう売れ行きが良いんです。ただ、すくことができる利用者さん(施設では障害者のことをこう呼んでいます。)が一人しかいないので、在庫がなくなりつつあります。

投稿: ヤマシュウ | 2005/03/03 21:17

ヤマシュウさん、こんにちは。

できる人が少ないんですね。向き不向き+訓練があるから、仕事を見つけるのは大変でしょうね。でも、一般人も基本的に同じか。売れるからといってドカドカ作れるわけじゃなし、簡単にたくさんできるものは売れないし。

投稿: meka | 2005/03/04 13:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/3142817

この記事へのトラックバック一覧です: 作業所のお仕事(2):

« 江戸時代、日本はサマータイムだった | トップページ | ANAの「みんながハッピー」キャンペーン »