« トレーニングを休むと… | トップページ | 個性的な佐賀人 »

2005/03/16

ダンボール

本の整理をしたので、久し振りにブックオフの宅本便を送ることにした。ダンボールが、あと2箱ほど必要だ。いつもダンボールを分けてもらっている、近所のコンビニに行く。

何も買わないで頼むのは悪いので、何か買うことにした。でも、最近、減塩でまじめな食生活をしているので、ほとんど買うものがない。日本酒でそそる銘柄があるが、コンビニでまともな温度管理をしていると思えないのでパス。比較的問題なさそうな泡盛にする。

レジを済ませてから「ダンボールを分けてもらえませんか?」と頼むと、「すみません、いまないんです」。倉庫を見せてもらったら、確かにカラッポだ。うーん。あの必要のない買い物は、なんだったんだろう。

そのあと、ちょっと暇ができたので、歩いて15分くらいのホームセンターまで行った。ホームセンターに新しいダンボールが売っていたが、買うのはやはりもったいない。ダンボールを売っているので、古いのをくれとはなんとなく言い出しにくい。それに、店の人はみんなレジで忙しそうに立ち働いている。言い出せなくて、目的の小物だけ買って帰ることにした。

帰り道に、ふとマツキヨの前を通ったら、ダンボールに入った商品がいやにたくさん目に入ったので、頼んでみることにした。「駐車場の奥に山積みになっているから、自由にとってください」。やった! いつもは別のマツキヨを使っているけど、今度買い物に来るからね。

しかし、ダンボールは確かにあるけど、山積みではないぞー。希望よりもやや小さめのが1つと、大きすぎのが3枚ほどだけ。しかたないので、小さめのと大きいのを1枚ずつもらう。しかし、大きいのは「メリーズ」のダンボールだ。おむつか~(^^;)。まあ、送り先がブックオフだから、気にしないけど。

まあ、最近ダンボールはいい値段で売れるらしい。タダでもらおうというのだから、文句は言えないのであった。

|

« トレーニングを休むと… | トップページ | 個性的な佐賀人 »

コメント

古紙の相場は変動が激しいですね。
何年か前なんて、古紙回収に持っていってもらおうと思ったら、トイレットペーパーくれるどころか、お金を取られました。

ウチには今、引っ越し用の段ボールが山積みです。近くなら少し位あげられたのに。

投稿: まりも | 2005/03/16 18:07

中国市場で、古紙の需要が増大しているためです。もうすでに遅いのかもしれませんが、中国にごますっといた方が、何かと良いのかもしれませんが、お偉いさん方は、よそ向いてしっぽ振っていますもんね。需要が増大しているのは古紙だけではありませんよね。

投稿: ヤマシュウ | 2005/03/16 19:13

まりもさん、ヤマシュウさん、こんにちは。

以前は、古紙を集めても買ってくれなかったのにね。最近は、市のゴミ集積所に出した新聞紙などを盗んでいく業者もあるそうです。

他国の需要に左右されずにリサイクルしくみを作らないと、この先まずいと思うのですが…。トイレットペーパーは、とりあえず再生紙を使っていますが…。

投稿: meka | 2005/03/16 19:55

自宅の近くよく古紙を満載したトラックが走っています。それを呼び止めては古新聞やダンボールを引き取ってもらっています。春休みの時期は引越しシーズンということもあってか古紙業者にとっては稼ぎ時らしく、BOOK-OFFへ行ってもよく古紙回収のおじさんが古紙の中から雑誌や百科事典など金目のものを集めて持ってきています。製紙会社へ送ってもkgまたはtいくらでしか買い取ってくれないがBOOK-OFFなら一冊幾らで買い取ってくれてしかもkg換算の価格も高いから当然でしょう。

投稿: 似内惣一 | 2005/03/22 23:16

似内惣一さん、こんにちは。

ブックオフは買ってくれる雑誌と買ってくれない雑誌がありますよね。また、ブックオフはよごれているとダメだけど、普通の古本屋は、価値のある本なら買ってくれます。その区分けを知っていると強いですよね。

投稿: meka | 2005/03/22 23:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/3321888

この記事へのトラックバック一覧です: ダンボール:

« トレーニングを休むと… | トップページ | 個性的な佐賀人 »