« 疲労の出方 | トップページ | 『テレビ報道の正しい見方』 »

2005/03/30

炎症と体温の関係

20日の荒川市民マラソンでは、翌日内踝から足底にかけて、つっぱりかんと痛みを感じたが、何回かアイシングしたら、すぐにおさまった。

ところが、木曜日に37.8度の熱がでたときのことだ。おさまったはずの、足底が痛むではないか。

炎症がおさまりきっていなかったのが、体温が高くなったら表面化したってことかしらん。人間の身体って、おもしろい。

|

« 疲労の出方 | トップページ | 『テレビ報道の正しい見方』 »

コメント

体温を上げると炎症も悪化するみたいですね。私は親知らず痕の歯茎が腫れて炎症になった時、お風呂には入らないようにと言われました。体を暖めるとひどくなるからということでした。
熱も炎症も元は同じような物なんでしょうかね。どちらも熱冷ましで治まるし。

投稿: まりも | 2005/03/30 16:19

まりもさん、こんにちは。

やっぱり体温は、炎症に影響するんですねえ。それにしても、表面上は痛くなくなっていても、炎症は残っているかもしれないってことですね。気をつけなきゃ。

投稿: meka | 2005/03/31 13:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/3496270

この記事へのトラックバック一覧です: 炎症と体温の関係:

« 疲労の出方 | トップページ | 『テレビ報道の正しい見方』 »