« 献血の条件 | トップページ | 荒川市民マラソン、やっつけ攻略法 »

2005/03/08

スポーツ関係の本

本の紹介用には、「ポン柑」を作ったけれど、あちらは小説や新書など「読み物」主体なので、スポーツの話はこちらにしておこう。最近読んだスポーツ関係の本3冊が、けっこう面白かった。

乳酸を活かしたスポーツトレーニング
八田秀雄著、講談社

「乳酸」をキーワードに、スポーツ時のエネルギー代謝のしくみや、トレーニングへの活かし方を解説。かなり専門的な内容だが、筋道立ててていねいに説明してあるので、けっこうわかりやすい。「乳酸=疲労物質=悪玉ではない」というのは、最近ときどき聞くけど、「じゃあ実際には何なの?」というのが、わかったように思う。

賢く走るフルマラソン マラソンは「知恵」のスポーツ
田中宏暁著、ランナーズ

ニコニコペース(LT)によるトレーニング方法と減量方法の紹介、それに市民ランナーへのトレーニングへのアドバイス。最近、『ランナーズ』で読んだような内容だ。内容は専門的なようだが、自身の体験談として語られているところも多いので、過信しないほうがいいかもしれない。ともあれ、参考にはなる。市民ランナーは、フルはニコニコペースで走ればいいというのは納得するが、ニコニコペースで2時間40分を切れる人は、そんなにいないと思う…。

食べて勝つスポーツ栄養の基礎知識
齊藤愼一著、講談社

ごく大ざっぱだが、スポーツ選手に必要な栄養やエネルギーについて、とてもわかりやすくまとめている。「タンパク質を何グラムで」といった計算ではなく、コンビニや外食を利用した食品の組み合わせで紹介してくれるのは、とても現実的で、栄養バランスの感覚を養うのにはいいだろう。もともと学生向けということで、自炊で金欠のとき用メニューや、余った食材の活用方法が掲載されているのもいい。それほど目新しいものはなかったけど、豆腐を冷凍して凍り豆腐にするのは、今度やってみよう。

|

« 献血の条件 | トップページ | 荒川市民マラソン、やっつけ攻略法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/3225920

この記事へのトラックバック一覧です: スポーツ関係の本:

« 献血の条件 | トップページ | 荒川市民マラソン、やっつけ攻略法 »