« 私のスパムメール対策 | トップページ | 「新コースができました」 »

2005/04/22

身障者が40キロ走るわけにいかない?

石原都知事の記者会見で、「東京大都市マラソンをGWの頃にでも開催したい」という話はニュースで聞いていたけど、詳しい内容は知らなかった。「BEST RUN!」に、議事録のURLが載っていたので、読んでみた(東京都公式ホームページ/石原知事記者会見録(平成17年3月10日))。

ゴールデンウィークを「季節がいい」と言うのだけでも、マラソンを知らないなあと思うんだけど、愕然としたのは、「身障者の人が40キロ走るわけにはいかぬでしょうからね」ってところだ。おーい。パラリンピックを見ていなかったのかぁ。

金メダリストの高橋勇市さんが走りたいといっても、走らせないつもりだろうか。視覚障害者や知的障害者ランナーはたくさんいるし、義足のランナーもいる。私は、佐倉マラソンで、片足義足でサブスリーペースで走っていくランナーを見たことがある。それに、車椅子マラソンなら、人が走るよりも速いんだけどね~。

「7時間走ってもとにかく走るという人はだね、…中略…そこら辺のところはやっぱりちょっとご遠慮願って、…中略…1日中道路を閉鎖するというわけにいかないだろうから」というのは、わからないでもない。でもねえ。制限時間7時間くらいにしとかないと、3万人も集まるのかな。まあ、NAHAマラソンみたいに、お祭り騒ぎで参加して、完走率60%なんてのもありかとは思うけど…。

交通規制の都合で制限時間が6時間くらいになるのは仕方がないと思うけど、障害者を締め出すようでは、大都市東京として、あまりにも恥ずかしい。ホント、もう少し勉強して欲しい。

|

« 私のスパムメール対策 | トップページ | 「新コースができました」 »

コメント

mekaさん、こんにちは。

東京都HP流し読みしてみましたが、いかにも石原都知事が言いそうな内容でしたね~。
確かに思いつきの域を出ていない感あり、あんまり勉強してないようですね。
この大会の話が再浮上してきたときには、「ほ~、本当に来年開催されるかも」と思いましたが、今の時点でこんなこと言ってるようじゃ、開催も危ぶまれそうですね。

東京都心でマラソンが開催されるなら、来年のGWに予定していたバンクーバーマラソンはやめようと思っていましたが、やっぱりこちらに出た方が確実かも。
(でも来年までにある程度英語できるように間に合うだろうか・汗)

投稿: まりも | 2005/04/22 17:06

まりもさん、こんにちは。

私は知事のごりおしで開催はするのじゃないかとは思うのですが、このままでは、成功がおぼつかないですね。人が集まらなかったり運営が悪くて大失敗して1回で終わりって結末じゃないでしょうか。

まず、5月じゃ記録がねらえないから、海外からも国内からも、トップアスリートは来ないですよ。5月の東京って、下手するとNAHAマラソンよりも、北海道マラソンよりも、暑くなるのでは?

それに障害者を排除するような感覚では、3万人が観光名所を走って巡り、地元の市民が総出で応援するというお祭りにもならない。陸連や新聞社とは話をしたようですが、東京夢舞いマラソン、東京シティロードレース、荒川市民マラソン、かすみがうらマラソンなどの運営者らと協議してないのかな。

東京シティロードレースと東京夢舞いマラソンの関係者を中心において、その理念とノウハウをもらえば、かなり楽しい大会になると思うのですが…。東京国際や東京国際女子の感覚では、3万人どころか1万人も処理できないでしょう(^^;)。

投稿: meka | 2005/04/22 21:51

mekaさん、こんばんは。

そういえば、3月にfrunのkさんと山手線一周ジョグをした時に、kさんが言われていた話ですが、以前東京シティハーフというハーフマラソンがあったようなのですが、今の都知事になってそれを潰したらしいですね。
それを今になって、フルマラソンで復活させようというのは、どういう趣旨なんでしょうか。
新聞社がお嫌いなら、ランナーズやスポーツエントリーのようなランニング専門のところなんかとも協議されてるんでしょうかねえ。
それに市街地を走るというのなら、北海道マラソンや京都・大阪のシティハーフなんかのノウハウも研究してもらわないと・・・
大体3万人+ボランティアのスタートゴール地点をどこに想定するのかしらん。

エリートマラソンと市民マラソンの違いもわかってない方なんでしょう。
3万人もエリートランナーなんていませんから・・・残念!

投稿: まりも | 2005/04/22 23:12

まりもさん、こんにちは。

スタート・ゴールは、代々木公園か新宿御苑か神宮外苑かと思いましたが、東京ドームっていうのは、どうでしょうね。

新聞社がどうのっていうのは、恐らく既存の大会を統合する話を持ちかけて、TV放映権などの関係で、うまくいかなかったのでしょう。つまり、エリート大会にしか目を向けていないことがわかります。

頭の中にあるのは、ベルリンマラソンやロンドンマラソン、NYシティマラソンなんでしょうね。市民マラソン大会だけど、世界記録が出たりしてますから。でも、市民が走ってこその市民マラソン大会なんですけどねえ。

日本で見学に行くべきなのは、NAHAマラソンだと思いますよ。2万人が市街地を6時間占有するのは、日本ではNAHAだけです。でも、那覇市なんて地方都市だと馬鹿にしているのかな。

青梅マラソンの地元の人の応援態勢と、東京シティロードレースの東京都民の無関心さや迷惑顔を見比べれば、青梅マラソンを馬鹿にできないと思いますけどねえ。

投稿: meka | 2005/04/22 23:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/3808848

この記事へのトラックバック一覧です: 身障者が40キロ走るわけにいかない?:

» 『アテネの風 盲人ランナー高橋勇市の軌跡』 [クライマーズ・ハイ]
野口みずき選手の金メダルに沸いたアテネオリンピックマラソン。その1ヶ月後、あのパ [続きを読む]

受信: 2005/05/14 23:03

« 私のスパムメール対策 | トップページ | 「新コースができました」 »