« 巨大タケノコ来る! | トップページ | タケノコご飯で、理科のお勉強 »

2005/04/30

私がNHKに受信料を払うわけ

大事故なのだから、数日それ一辺倒になるのは仕方ないとしても、報道の仕方については、いつも考えさせられる。

でも、スポンサー収入で成り立っている民放に公共性をもっと尊重しろというのも、限界がある。報道姿勢に文句を言っても、文句を言うというのはけっきょくその番組を見ているから。どんな手段をとっても視聴率を稼ごうというTV局のわなにはまっていることになる。

それを考えると、やはり受信料収入で成り立つNHKは貴重だろう。受信料を払っていない人は、ちゃんと払ったほうがいい。払った上で、当然の権利として公正な報道を求めるべきだ。

ただ、国会で予算を承認されなきゃいけないっていうのも、政治家に変に口を挟ませる原因になっているような。『テレビ報道の正しい見方』で、草野厚さんが書いているように、第三者機関による評価が必要だよなあ。ついでに、予算や役員人事も、国会ではなく視聴者代表機関に承認させたらいいと思うのだけど(あ、国会って一応国民=NHK視聴者の代表だっけ(^^;))。

|

« 巨大タケノコ来る! | トップページ | タケノコご飯で、理科のお勉強 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/3913921

この記事へのトラックバック一覧です: 私がNHKに受信料を払うわけ:

« 巨大タケノコ来る! | トップページ | タケノコご飯で、理科のお勉強 »