« 「奥様」じゃないってば | トップページ | 『時の彼方の再会』 »

2005/04/12

中身の中身は違っていなかった!

あれ? 中身が違う」と「対応は、よかったけれど…」で書いた配送間違いの件。

「担当者に確認したところ、実は注入針の箱にザバスを入れて送ったらしい」というので、中を開けてみたら、確かに中からザバスの瓶が! とんだ笑い話だ。

実は最初に「注入針だ!」と思ったときにはかなり酔っぱらっていたので、こちらがそそっかしかったのだろうかと思って、もういちどじっくり箱を見てみた。確かに製品にしては、ややくたびれているような気もするが、特に汚れもないきれいな箱だ。ふたの部分は、ビニールテープできちんと止めてある。一般に製品ならこのような止め方はしていないことが多い。しかし、もし、間違って空気注入針が送られてきたのだとしたら、テープを切ってふたを開ければ、返送できなくなると考えるのは、自然なことだろう。こちらが酔っぱらっていたので間違えたというわけではなさそうだ。

環境問題には関心があるので、実は配送に新品の包装が使われているのには、むしろ抵抗がある。ただ、包装紙をリサイクルする場合には、裏返しに使うとか、古い製品名にマジックでバツをつけるとか、中身の製品名の入ったシールを貼るとかしないと、勘違いされるのじゃないかしらん。

|

« 「奥様」じゃないってば | トップページ | 『時の彼方の再会』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/3669690

この記事へのトラックバック一覧です: 中身の中身は違っていなかった!:

» あれ? 中身が違う [綿柿]
来週かすみがうらマラソンを走るけど、かすみがうらは給食があまり充実していないとい [続きを読む]

受信: 2005/04/12 11:49

» 対応は、よかったけれど… [綿柿]
さて、オンラインショッピングでザバスの代わりに届いた空気注入針。 ショップから、 [続きを読む]

受信: 2005/04/12 11:50

« 「奥様」じゃないってば | トップページ | 『時の彼方の再会』 »