« 閑話 | トップページ | 歯医者に行くときに気をつけること »

2005/05/18

折れたパスネットカード

昨日、神保町で都営線から東京メトロに乗り換えようとしたら、東京メトロの改札でエラーが出た。見ると、パスネットカードがかなり折れ曲がっている。真ん中のあたりが、ボコボコと2か所くらいゆがんでいるのだ。

しかたがないので、人のいる窓口に「あのー、カードが折れちゃったみたいで、エラーがでるんですけど~」と持って行く。駅員さんは渋い顔をしてカードを機械に通し、曲がったところを手で引っ張って。「これで書き込みましたから。曲がらないように使ってください」という。「はあ、すみません」とホームに向かってから考えた。私は、パスネットカードを財布に入れて持ち歩いている。端のほうが折れてしまうのならともかく、真ん中がそんなに折れ曲がってしまうというのは、ちょっと考えがたい。改札機を通るときに何かにひっかかって、曲がったのではないか? 都営線の改札を出るときか、東京メトロの改札を入るときかは不明だが…。

しかし、渋谷でそのカードで出ようとしたら、エラーがでる。人のいる改札に行くと、カードに書き込みをして、「出ていいですよ」という。通してくれるのはありがたいが、ひょっとして、このカードは、もうまともに改札を通れないのではないだろうか。でも、残高は千円以上ある。千円使い切るまでこのカードを使うしかないのだろうか…。

渋谷から霞ヶ関までは、仕事先の人とタクシーで移動した。

霞ヶ関で、千代田線の改札機にカードを入れる。やっぱりピポピポ鳴る。人のいる改札口に持って行く。いたのは、ちょっと頼りなさそうだけど(ゴメン)やさしげなお兄さんだった。そのお兄さんがカードをチェックしたあと言うには、「これをここで書き込みすることはできるんですが、これだけ曲がっていると、この先ずっとエラーが出てしまいます。もしよかったら、残金を現金でお支払いしますが、いかがですか?」。おお、払い戻しができるのか。もちろん、ありがたく払い戻してもらって、新しいカードを買うことにした。

しかし、そういうことができるのだったら、神保町や渋谷の駅員さんは、なぜそれを言ってくれなかったんだ? もうちょっと顧客サービスを考えてほしいよね。

|

« 閑話 | トップページ | 歯医者に行くときに気をつけること »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/4173498

この記事へのトラックバック一覧です: 折れたパスネットカード:

« 閑話 | トップページ | 歯医者に行くときに気をつけること »