« マンモグラフィ初体験 | トップページ | 利尻富士 »

2005/06/10

バリウム初体験

昨日は乳ガン検診で、今日は胃ガン検診を受けに入った。本当は胃ガン検診は火曜日だったのだが、北海道にいたので別の地区の検診に行くことにしたのだ。胃ガン検診は、毎年受けられるらしい。1回につき500円は、乳ガン検診と同じ。

定期検診で胃のレントゲン撮影をするのは、だいたい35歳以降だけれど、32歳のときに会社を辞めて以降、検診を受けていないので、バリウムを飲むのは初めてだ。

勤めていた製薬会社でバリウムを製造していたから、昔は、ちょっと打ち上げというと会議室に集まって、「硫酸バリウム」と書いたプラスティックカップでビールを飲んだものだが…。

まずくて飲みにくいと聞いていたが、それほどでもなかった。でも、お腹にもたれるのには、ちょっとヘイコウ。それに、ただ立っていれば撮ってくれるのかと思ったら、機械の上で自分でくるくる回ったり、機械があっちむいたりこっちむいたりと、なかなか忙しい。

撮影後はなるべく早くバリウムを排出するようにと下剤をもらったが、私はどちらかというと下痢症なのと、検診後に買い物に行く予定だったので、出先で下痢ピーになると困ると思い、飲まなかった。でも、ポカリスエット500mlとラージサイズのアイスコーヒー1杯を飲んでおいたら、2時間後に買い物が終わった頃に、最初のが出てきてしまった。こういうときは、下痢症も便利だ。

ところで、今回失敗したのは、前日夜9時以降は何も飲み食いするなと言われていて、9時直前まで焼酎を飲んでいたことだろう。アルコールは脱水症状が進む。9時ちょうどくらいに大量に水を飲んでおいたのだけど、明け方喉がかわいてまいった。今度受診するときは、前日から節制しよう。

|

« マンモグラフィ初体験 | トップページ | 利尻富士 »

コメント

のどの渇きをいやすていどで水少しくらいなら当日朝でも飲んで差し支えないそうですよ。

投稿: ヤマシュウ | 2005/06/11 07:56

ヤマシュウさん、こんにちは。

まあ、案内の方法は各機関でいろいろあるのでしょうが、「血圧や糖尿病のクスリを飲んでいる人は、検査の2時間以上前におちょこ1杯の水で飲むように」と言われているので、多少の水ならかまわないのでしょう。

でも、アルコールを飲んだあとののどの渇きって、「少しぐらい」で済みませんってば(^^;)。

もともと別の日に行ってもかまわないので、耐えきれなかったら来週の検査日に延ばそうかと思いましたが、一度やめると行きそうにないので、がまんしました。昨年は、申込みだけして、けっきょく行かなかったしね。

不思議なのは、のど元通り過ぎて、受付する頃になったら、それほど気にならなかったということですね。早めに行くつもりだったけど、ちょっともたもたしていて9時からの受付に9時10分に着いたらもう71番で、検査が終わったときには11時過ぎていました。人間って、半日くらい飲まず食わずでも、案外平気なんだ。

でも、男性は女性のあとで11時から受付だけど、前夜9時以降は飲み食いするなという条件は同じ。お気の毒です。

投稿: meka | 2005/06/11 09:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/4502554

この記事へのトラックバック一覧です: バリウム初体験:

« マンモグラフィ初体験 | トップページ | 利尻富士 »