« 富士山は、緑にあふれた山だった(2) | トップページ | 富士山は、緑にあふれた山だった(3) »

2005/07/25

割をくうのは…

ロンドン同時テロ:あせりが大失態 誤認射殺事件

ロンドンで誤射の警官は、私服だったらしい。私服の集団に囲まれたら、逃げて当然だろう。

テロを許さないと言っているが、関係がない市民を射殺するなど、テロリストの思惑に、すっぽりはまっているとしか思えない。暴力には、ある程度は力での防御は必要だとは思う。でも、力に力で応じるだけでは、泥沼にはまっていくだけだ。

怖いのは、こういう場合にいちばん割をくうのは、言葉がわからない外国人や聴覚障害者、通常とは違う反応を示す知的障害者、自閉症者、精神障害者らだろうなあということだ。

|

« 富士山は、緑にあふれた山だった(2) | トップページ | 富士山は、緑にあふれた山だった(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/5140365

この記事へのトラックバック一覧です: 割をくうのは…:

» 梅雨明け直ぐ野分 [いろは 伊呂波 IROHA]
 ロンドンの誤認射殺の件、イギリスの一般警察官は日本同様殆ど犯罪現場にての発砲経験が無き由なり。その辺もありて自爆テロ容疑ならば頭撃つべきところを体に五発も撃ち込むといふ垢抜けぬ処置にて、更に誤認発覚といふ後味悪いとて済まされぬ事態になれるや。発砲の私服警官中実際に発砲ましてそれで以て人を死に至らしめた経験ある者が何人居しものかおぼつかなし。日本もいつ発砲やむなき事態の現場に立ち至らさるるや知れねば今後の検討資料にならんや。日本の現場にて発砲などといふ事態にならば、担当警察官は山ほどの書類を書かさる... [続きを読む]

受信: 2005/07/26 16:25

« 富士山は、緑にあふれた山だった(2) | トップページ | 富士山は、緑にあふれた山だった(3) »