« 富士山で英会話 | トップページ | 台風接近 »

2005/07/25

ゴーヤを収穫

050725gohya1今朝、一番手のゴーヤの実の色が、変わりつつあるのに気がついた。上の方が、黄 色っぽくなっているのだ。これ以上大きくはならず、熟し始めたようだ。

ゴーヤは熟すと爆発するという。爆発させて種を取ることも考えたが、とりあえず収穫することにした。

050725gohya2収穫した実を測ってみると、長さは約12cm。寸胴で、スーパーで売られているゴーヤとは、少し種類が違う。 「緑の琉球」という品種だが、珍しいのだろうか。

表面のイボイボも大きめで、あまり苦そうには見えない。

050725gohya3切ってみると、中が少し赤くなっている程度だ。このくらいの熟し加減なら、スーパーで買うゴーヤでも、ときどきあるから、大丈夫だろう。

綿の部分をちょっとかじってみたが、それほど苦くない。熟すとここは甘くなるということだが、甘いというほどではなかった。でも、皮の部分は、やっぱりほろ苦い。確かに、苦瓜だ。

050725gohya4 ということで、ゴーヤチャンプルーのできあがり。なすが余っていたので、豚バラ肉となすとゴーヤを炒め、水気を切った豆腐を加えてさらに炒める。わずかの塩と胡椒、かつお節をたくさん。それから卵を割り入れて、ごちゃごちゃまぜる。最後に、これも余っていたので青ネギを混ぜた。らでぃっしゅぼーや対策の料理は、常に余っているものを使う。でも、チャンプルーというのは、ごちゃ混ぜ料理ということらしいから、これでいいのだ。

できあがったゴーヤチャンプルーは、いつもより苦みが少なく、あっさりした味だった。

|

« 富士山で英会話 | トップページ | 台風接近 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/5147385

この記事へのトラックバック一覧です: ゴーヤを収穫:

« 富士山で英会話 | トップページ | 台風接近 »