« 身体が沈むのは… | トップページ | ゴーヤの種を収穫 »

2005/08/11

政治はけっきょく変わらない?

「参院で否決されたからって、衆院を解散してどうなるの?」と思っていたけど、衆院解散後の小泉さんの記者会見は、カッコよかった。もともとカッコだけの人だという印象はあるんだけれど、それでもやっぱりカッコよかった。翌日の新聞には、緊急世論調査で内閣支持率があがったとあったり、何か変わるのかと思ったのだけど…。

今朝の新聞によれば、自民党のいくつかの県連が反発しているそうだし、擁立候補のあてもあまりないらしい(やっぱりカッコだけか)。

では、かといって民主党に期待できるかというと、あまり期待できそうにない。

正直言って、今度の郵政民営化法案がいいのか悪いのか、よくわからない。だけど、これまでの経験からして、「保護のための保護」というのは、事態を悪化させるだけなんだよね。米が売れないからといって、米を作らない農家にお金を出して、日本の農業は、よくなっただろうか。そこを考えると、「過疎地に郵便局がなくなったら困るから、反対」というのは、まったくナンセンス。過疎地に郵便局がなくなって困るのなら、過疎地を元気にする方法や、郵便局よりも税金をかけずに同じような機能をはたすシステムを作り上げることが必要だ。

「過疎地の郵便局がなくなったら困る。だから保護を」という反対意見は、「一部の既得権益を守るために、税金をこれからも無駄遣いします」としか聞こえない。野党は「改革には賛成だけど、今度の法案には反対」という。でも、じゃあ、どんな改革をするつもりなの? それをもっと明確にしてくれない限り、やはり既得権益を守るための反対としか思えない。

解散なんかやってハデに動いているように見えるけど、なんだか何も変わらないようだ。とりあえず投票には行くけど、本気で投票したい人や政党が、ないんだよなあ。

|

« 身体が沈むのは… | トップページ | ゴーヤの種を収穫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/5404137

この記事へのトラックバック一覧です: 政治はけっきょく変わらない?:

« 身体が沈むのは… | トップページ | ゴーヤの種を収穫 »