« 英語力判定テスト | トップページ | 身体が沈むのは… »

2005/08/10

練習量の限界

真のLSDでしばらく走り込んでみようと思うので、目標心拍数を135に落としてキロ8分以上を走るのと同時に、できるだけ1日1時間以上、走ることにした。最低1時間は走らないと、LSDとは言えない。

速度を落とし始めたのが、7月26日。無理はしないようにしたので、最初の3日は3.6km、4.6km、5.6kmと徐々に距離が伸びる。0.6という半端な数字がつくのは、自宅から往復0.6kmあって1周ほぼ1kmのコースを回っているからだ。このパターンで1kmを越えるには、7周、7.6kmが必要だ。

29日は、仕事と飲み会で休み。30日と31日はどちらも6.6km。

8月1日は、仕事でちょうど夕方にかかる時間帯に出かけたので、お休み。2日は3.6km。暑かったせいか、走る意欲があまり出なかった。3日は、Yさんと一緒にレインボーブリッジを走ったので、10.7km。

4日にやっと7.6kmを走って1時間以上を達成。5日は走り出すタイミングが遅くて夜になってしまったので、3.6km。本当は朝に走りたいと思っているのだが、最近また少し朝が遅くなった。7時半頃に一応目覚めるのだが、ぼーっとしてしまって身体が動き出すのが8時半から9時頃になので、暑くなってしまうのだ。

5日は8.6km。2周する度に給水しているので、7周は中途半端だ。2の倍数の方が気分がいいのだ。6日も8.6km。おお、練習で20km以上を走ったことは何度もあるけど、その翌日はせいぜい10kmで翌々日は休みとか、長く走ったら1週間くらい休みということが多かったから、1時間以上を何日も続けて走ったことは、ほとんどない。故障が起きないかと思っていたが、超スローペースなら、案外もつのかも。このペースで続ければ、1か月に200km超の計算になるぞ。

6日も8.6km。これは、けっこういけそうだと思った瞬間、8周目が終わる間際に、最近調子が悪い左膝に違和感を感じた。痛いというほどではないけれど…。

そして、7日。特に筋肉痛などはないのだけれど、何気なく足の筋肉がいつもより、堅いみたい。夕方走り出す前に、いつもは省略するストレッチをして、いざ出発!と、走り出したとたんに、左膝に軽い痛み。あー、こりゃダメだ。悪化している。

仕方なく、走るのはやめ。メガロスに行って、800m泳いできた。ついでに200mを水中ウォーキングしてみた。水の抵抗が強くて、けっこう歩けないものだなあ。

というわけで、超8分ペースでも、毎日1時間は、問題があるようだ。毎日1時間というのは、たぶん『ゆっくり走れば速くなる』に書いてあったと思うのだけど、あきらめたほうがよさそうだ。しかし、『セロトニン欠乏脳』を参考に、毎日15分以上の運動をしようと決心しているので、まったく走らない休養日は、できるだけ入れたくない。長い距離を入れて、短い距離でつなぐしかないか。

|

« 英語力判定テスト | トップページ | 身体が沈むのは… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/5386872

この記事へのトラックバック一覧です: 練習量の限界:

« 英語力判定テスト | トップページ | 身体が沈むのは… »