« 熟したゴーヤ | トップページ | しぶとい朝顔 »

2005/08/08

『遠い世界に』

毎日新聞の今日の夕刊で、「郵政法案否決」「衆院解散へ」という記事が吹き荒れる中、紙面の1/2を使って、『遠い世界に』を作詞・作曲した西岡たかし氏のインタビューと『遠い世界に』の歌詞すべてが掲載されている。西岡氏は、61歳だそうだ。

「遠い世界に 旅に出ようか」で始まるこの歌、いま歌詞を読み返してみても、まったく古びたところがない。いい歌だな~。

特に三番の「これが日本だ 私の国だ」というところが、いい。変な愛国心をふりかざすのではなく、でも、「この国、ここに暮らしているのは自分たちなんだよなあ」という気持ちが、こみあげてくる。

ところで毎日新聞がこの記事を今日載せたのは、偶然か。大騒ぎの国会議員さんたちに、読んで欲しい記事である。

|

« 熟したゴーヤ | トップページ | しぶとい朝顔 »

コメント

この曲、西岡たかしと「5つの赤い風船」でしたね、当時はベトナム戦争の末期
で他にもつい先日亡くなった高田渡とか高石ともや、岡林信康、なぎら健一も
同じ時代だったかな?、この曲も反戦歌だったと思いましたが...

投稿: TIKA | 2005/08/08 22:16

TIKAさん、こんにちは。

記事によると高田渡さんはお友達で、最初に一緒のアルバムが出たし、最後のツアーでも一緒に行動していたそうです。なぎら健一さんは少し年下で、西岡さんの歌に触発されて、歌の道に進んだとか。

といっても、私は作詞者やグループの名前はほとんど覚えていないのでした。でも、聞けばメロディはするする出てきますね。

反戦歌というよりも、体制批判と、でも世の中を変えるとしたら、自分たち若者が何かやらなきゃという気持ちで作ったそうです。いまの国会議員さんは、大半はこの歌を聴いたときにはみんな若者か子どもだったと思うのですが…。

投稿: meka | 2005/08/08 22:40

めかさん 今日は たけしたです。
五つの赤い風船ですね。
実はこの間の ともちゃんお別れパーティの後、
2次会カラオケにいきまでに 京阪京橋駅前で 生ギターでみなで合唱しました。演奏した すけさん 感激してはりました。 まさか この歳で ここ京橋で繁華街で演奏するとかってね。
でもよかったーー

投稿: たけした | 2005/08/09 10:21

はじめまして。「5つの赤い風船」・・同じ世代ですね。
私はこのグループにいた「中川イサト」っていう人のファンでした(ポリシーのないところがいいっていうか、音楽性が・・・(^^;;  )
ではでは

投稿: ashuken | 2005/08/09 10:27

>たけしたさん

うーむ。深夜の演奏ですか。
最近、街で歌っている若者が多いですね。むかしみたいに新宿みたいな大きな街じゃなくて、本八幡の駅前で歌っている。

>ashukenさん

はじめまして。正直言うと、私はグループ名もよく覚えていなかったので、構成メンバーのことはわかりません。

「音楽性が~っ」て、かまえちゃうと、素人にはよくわかんないですが、いい歌というのは、やっぱり歌詞も曲もいいですね。

投稿: meka | 2005/08/09 13:45

mekaさん、今晩は たけしたです。
こんなんでした。

http://homepage3.nifty.com/ta3/frun/Cimg1411a.jpg

ではでは

投稿: たけした | 2005/08/09 18:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/5365545

この記事へのトラックバック一覧です: 『遠い世界に』:

« 熟したゴーヤ | トップページ | しぶとい朝顔 »