« 落ちる先 | トップページ | ハリポタを読んで覚えた英語 »

2005/09/08

三毛猫ウィンキー&ジェーンシリーズ

三毛猫ウィンキー&ジェーンシリーズ
auther: title
『迷子のマーリーン』(←Amazon)
auther: title
『春を待つハンナ』(←Amazon)

エヴァン・マーシャル著、高橋 恭美子訳、ヴィレッジブックス
総合評価★★★
ミステリ度☆☆☆
ロマンス度☆☆
ユーモア度☆☆☆

アメリカ産コージー・ミステリ。著作権エージェント事務所の共同経営者でもあった最愛の夫を交通事故で亡くしたジェーンは、寂しい思いを抱えながら、1人息子と三毛猫のウィンキーと共に、ニューヨーク郊外の田舎町で奮闘中。ところが、なぜか殺人事件と巡り会って…という設定。

正直に言えば、ミステリとしては、いまひとつだ。奇想天外などんでん返しではあるものの、事件の進行や解決への道筋には、かなり無理がある。ただ、作家に編集者、田舎町の人々、昔の友人、刑事など、仕事や生活で主人公を取り囲む人々が個性派揃いで面白い。

著作権エージェントという職業は、日本ではなじみが薄いだろう。作家と出版社の間を取り持ち、作家に有利な契約を進める代理人だ。ジェーンはへそ曲がりの作家を説き伏せたり、自信がない作家の尻をたたいたりと、編集者のひとつ手前の段階で必死で本作りに関わっている。

いまアメリカで隆盛を誇っているコージー・ミステリやロマンス小説は、ジェーンのようなエージェントたちの努力のおかげなのかもしれないと思うと、愉快になってくる。

(↓bk1)

迷子のマーリーン
エヴァン・マーシャル著 / 高橋 恭美子訳
ソニー・マガジンズ (2004.4)
通常2??3日以内に発送します。

春を待つハンナ
エヴァン・マーシャル著 / 高橋 恭美子訳
ソニー・マガジンズ (2005.1)
通常2??3日以内に発送します。

|

« 落ちる先 | トップページ | ハリポタを読んで覚えた英語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/16248841

この記事へのトラックバック一覧です: 三毛猫ウィンキー&ジェーンシリーズ:

« 落ちる先 | トップページ | ハリポタを読んで覚えた英語 »