« 脚が、つる | トップページ | ずいぶん記事が詳しくなっている »

2005/10/17

『40才からのフルマラソン完走』

auther: title
『40才からのフルマラソン完走 中高年のためのマラソン入門』(←Amazon)
梅方久仁子著、技術評論社

自分が書いた本なので、「評価」はしないが、紹介しておきたい。

運動神経にはまったく自信がなく、学生時代は文化部か帰宅部。社会人になってからは、もちろんスポーツには縁がなく、中年太りはしちゃったし、生活習慣病一歩手前になっちゃった。でも、そんな人でも、フルマラソンは走れるし、しかも、苦しくない。マラソンは、とっても楽しいんだよ。

運動経験がなかろうが、体力不足だろうが、40才を過ぎて立派な中年だろうが、気にすることはない。マラソンをはじめれば、減量はできるし、健康で気持ちいいし、体力はつくし、若返るし、達成感はあるし、いいことだらけ。さあ、あなたもマラソンを走ってみよう!という本。

この本は、けっして速く走るための本ではない。ただ、ほとんど運動経験がない中高年でも、気楽に安全にマラソンに挑戦できるように、さまざまな情報を詰め込んだ。持っていると便利なグッズやウェアの選び方、どの程度練習すればいいのか、故障を避ける方法、効果的な疲労回復ケア、大会の選び方や申込み方など、細かなノウハウでいっぱいだ。

タイトルは「40才からの」になっているけれど、50代でも、60代でも、また、体力がない人なら、20代や30代でも、役に立つ本に仕上げたつもりだ。運動には自信がないけれど、一生に一度はホノルルマラソンを走ってみようかな。医者に運動を勧められたけど、ウォーキングには、ちょっと飽きちゃったな。これからの高齢社会をたくましく生き抜くために、医者いらずの健康を手に入れたい。そんな人は、ぜひ、この本を手にとってみてほしい。

40才からのフルマラソン完走
梅方 久仁子著
技術評論社 (2005.11)
通常1-3週間以内に発送します。

(続きに目次を掲載)

目次
1章 誰でもマラソンを走れる!
 私も走っています!
 何のためにマラソンを走るの?
 42kmは誰でも1日に歩ける距離
 運動が苦手でも大丈夫
 マラソンは中高年に向いている
 マラソンに挑戦すると、いいことがある
 Q&Aで解決! 本当に走れるの?

2章 走り出す前に
2-1 メディカルチェックを受ける
2-2 体重が重い人は、じっくり始める
2-3 ランニングシューズには種類がある
2-4 賢いシューズの買い方は?
2-5 ウェア選びは、快適さを優先
2-6 できれば欲しいランニングウォッチ
2-7 あると便利な小物
コラム ほどけない靴ひもの結び方

3章 トレーニングって、どうやるの?
3-1 マイペースを守るのが大切
3-2 最低限このくらいはやる
3-3 どのくらいの強さでやるの?
3-4 いつ走ったらいいの?
3-5 どこを走ったらいいの?
3-6 ウォーミングアップとクーリングダウン
3-7 正しいストレッチングとは

4章 さあ、走りだそう
4-1 まずは、姿勢を意識しよう
4-2 トコトコと走りだそう
4-3 足はどのように置く?
4-4 腕振りを活用する
4-5 少しずつ距離を伸ばそう
4-6 トレーニングメニューを見直そう
コラム ランニングマシンで走るには

5章 安全に走るために
5-1 水分補給を忘れない!
5-2 身体作りには食生活も大切
5-3 痛いマメ・スレ対策
5-4 効果的な疲労回復ケア
5-5 暑さや寒さ対策
5-6 もし、どこか痛くなったら

6章 42.195kmへの道
6-1 LSDで、より長く
6-2 ペースを変化させる
6-3 アップダウンのあるところを走る
6-4 筋力トレーニングで補強
6-5 30kmを走ってみよう
コラム 踏み台昇降で補助トレーニング

7章 いざ、大会参加
7-1 どうやって探す?
7-2 選ぶときは、ここをチェック!
7-3 申込みの手続きは?
7-4 持って行く物を用意しよう
7-5 大会前は、体調を整える
7-6 当日朝~スタートまで
7-7 あわてずに走ろう
7-8 レース中の水分とエネルギー補給
7-9 ゴール後にやっておきたいこと
コラム 雨の日、帽子は必需品

8章 ずっと走り続けたい
8-1 レベルアップには、さまざまな形がある
8-2 仲間がいれば、もっと楽しい
8-3 走る+αを楽しむ

付録 ビギナー向けお勧めマラソン大会
付録 有名練習コース紹介

|

« 脚が、つる | トップページ | ずいぶん記事が詳しくなっている »

コメント

mekaさん、こんにちは。
本屋がない町に住んでいるのですぐに手にできないのが残念です。
さっき、図書館に新刊リクエストしてきました。入荷したら早速借りて、夫の目のつくところにさりげなく置いておく事にします。

投稿: こうめ | 2005/10/21 11:33

そうだな、うちの図書館にも入れてもらおう。

投稿: きまぐれ はや | 2005/10/21 19:16

>こうめさん

図書館に注文、いいですね。ご夫君は最近走り始められたんですよね。アウトドアに通じた方には必要ないかもしれなけれど、何かのお役に立てれば幸いです。

>はやさん

あら~。光栄です。

投稿: meka | 2005/10/21 20:45

梅方さんおひさしぶりです。たまたまのぞきに来てここを見つけました。遅くなりましたが出版おめでとうございます。実は僕も去年のホノルルマラソンに参加しました。はじめてフルマラソンを走りました。楽しかったです。そのうちどこかの大会で会うかもしれませんね。ちなみに次は荒川市民に参加します。

投稿: つなぶちようじ | 2006/02/03 02:24

つなぶちさん、お久しぶりです~。

ホノルルマラソンを完走されたんですね。おめでとうございます。荒川は昨年、一昨年は走りましたが、今年はパスして、かすみがうらにしぼることにしました。

どこかの大会でお会いできるといいですね。

私のいまのイチオシ大会は、これです。
http://www.town.rishirifuji.hokkaido.jp/people/study01.html
フルマラソンより長くなりますが、地元の方の手厚いサポートで、昨年は、本当に楽しいときを過ごすことができました。今年も、申し込まなくては…。

投稿: meka | 2006/02/03 17:12

見るが遅くなりました。
荒川市民走ってきました。
五時間ぐらいでした。
利尻ですか、いいですね。
親父が書いた石碑があるので一度行ったことがあります。
今年は三回マラソンに参加するつもりです。
1回は荒川、もう1回はホノルル、もう1回を何にするか悩んでいるんです。
どうしようかなぁ。・・・
情報下さってありがとうございます。
もう少し悩んでいます。(笑)

投稿: つなぶち | 2006/04/17 22:32

つなぶちさん、こんにちは。

荒川の完走、おめでとうございます。私も昨日、無事にかすみがうらを完走しました。東京夢舞いマラソン(普通のレースと違って信号を守って歩道を走る)を入れると、ちょうど10回目の完走でした。

どこにでるか悩んでいるときが、また楽しいですよね。たっぷり悩んでください。

投稿: meka | 2006/04/18 00:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/16248843

この記事へのトラックバック一覧です: 『40才からのフルマラソン完走』:

» 『40才からのフルマラソン完走』 [ぼちぼちライフ]
お友達のmekaさんが、フルマラソンを走ろうとする人に向けての本を書かれました [続きを読む]

受信: 2005/10/20 23:04

» 40才からのフルマラソン完走 [YOUTH]
走る仲間の一人であるめかさんこと、梅方久仁子氏が本を上梓した。 「40才からのフルマラソン完走〜中高年のためのマラソン入門」である。 氏は薬剤師でありながら、コンピュータ関係の本のライタであり、 私のメーラは氏の薦めでShriken Proである。 今年はテリーフォックスランと同日開催だったため不参加とした 千葉県は白井市(当時は白井町)で開催された、白井梨マラソンが 氏との出会いであった。 その後、かすみがうらマラソンで我が家にお... [続きを読む]

受信: 2005/10/21 17:02

» 『40才からのフルマラソン完走』 [綿柿]
新しい著書の見本が届いた。 『40才からのフルマラソン完走 中高年のためのマラソ [続きを読む]

受信: 2005/10/24 14:31

» 40才からのフルマラソン完走 [Road to SAROMAN BLUE]
 おがまん的ランナー川柳の投票を行っています。詳しくはこちらのページ をご覧のうえ、気に入った作品があれば投票をお願いします。  アメブロの新機能・スクラップブックを使って、アメブロランナー勢揃い! というブックを作りました。アメブロを利用しているランナー... [続きを読む]

受信: 2005/11/14 20:53

» submissive transsexual successes xzbabes hairy older [black porn stars 27/11]
Hi [続きを読む]

受信: 2005/11/28 01:48

« 脚が、つる | トップページ | ずいぶん記事が詳しくなっている »