« 優先座席の近く | トップページ | 正直な血圧 »

2005/10/09

国勢調査崩壊

国勢調査はトラブル続出らしい(国勢調査:10月1日実施 調査方法の改革訴える意見も)が、調査票に火を付けて燃やしたという調査員が現れた。

戸別調査が不可能になっていて、何らかの改革が必要になっているというのは、確かだろう。調査員は、いい迷惑だし、大金をかけてまともな調査ができていないというのは、納税者として納得がいかない。

ただ、だから調査なんてやめてしまえとは思えない。統計って、まともな政策を実施するためには、重要なものだと思うんだよね。本を書いていても、何らかの根拠が必要なとき、役に立つのが各省庁の統計データなんだけど。

|

« 優先座席の近く | トップページ | 正直な血圧 »

コメント

ウチ、まだ調査票が手元にあります。
10月6日に受け取りに来るというほかに、
「ポストへ」というメモ書きがあったので、
その朝、指示通りにして出かけましたが、
晩に戻ってみたら残っていました。
個人情報が書いてあるものを、そのままにしておくのも
嫌だったので、回収しました。
郵送用の封筒はまだ来たら投函するけど、まだ来ないし。
そんなこともあって、不信感を抱いています。
なんか、とっても目障り(^^;;)←オレンジ色の封筒。

投稿: けーぜ | 2005/10/10 19:52

けーぜさん、こんにちは。

困ったもんですね~。そういえば、けーぜさん、先週は飲み会続きだったのでは…。

回収は料金別納で郵便ポストに投函してもらうことにして、返事がないとか不備があるものだけを、戸別訪問するのでは、いけないのかなあ。非協力的な人はどうしようもないけど、いつも夜遅い単身者や共働き世帯は、そっちのほうが回収率あがると思うけどな~。ついでに、郵送してくれた人には、あとから500円分の商品券を送ると、非協力的な人は減ると思う。

調査員へ支払う報酬を半分か3分の1にして、調査員には戸別にポストに投函してもらうだけにしたら、そのくらいの費用+専属スタッフによるチェック費用は出せると思うのですが。

投稿: meka | 2005/10/10 23:48

∥そのくらいの費用+専属スタッフによるチェック費用は出せると思うのですが。

賛成です。
元々調査員が直で聞き取りをするということで、こうした制度(報酬も、戸別配布・回収も)があったと思うのです。
ですから、郵送・返送でどうしても戻らない分にだけ対処するという方向にいかないものでしょうか。そうすれば、調査員がしんどい目をして配ることもないような気もします。

投稿: | 2005/10/11 20:06

涼さん、こんにちは。

何か別の方法を考えないといけなさそうなのは、確かですね。調査員の仕事には、もともと記載内容のチェックが含まれています。ほとんどの人が封をして渡すようになれば、その作業はなくなります。でも、その分、封を開けた人がチェックする必要はあるでしょう。

ただ、統計の正確さを考えると、郵送での配布は無理のような気がします。もともとテントとか物置とか、住所がないようなところに住んでいる人や住民票に載っていない人までをフォローしようとするのが、国勢調査ですから。

その意味では、近所での聞き込みは必須なのでしょうけど、うちなどアパートの下の部屋に人が住んでいるのかいないのかもよくわからない状態です。引っ越しの挨拶なんて、ほとんどの人がしないし、外で出会うことも滅多にないし。

引っ越しトラックが来ていればだいたいはわかるけど、日曜に1日出かけていたあとに、なぜか下の部屋がしーんとしているとか、いなかったはずの部屋で話し声がするとか…。不気味です(^^;)。

投稿: meka | 2005/10/11 20:30

∥もともとテントとか物置とか、住所がないようなところに住んでいる人や住民票に載っていない人までをフォローしようとするのが、国勢調査ですから。

あ、なるほど。

我が家へ来た女性調査員は付き添い付き(多分配偶者)でした。
女性一人で配ったり回収したりするのが危険なことが多いというのも、見直しが必要な要因にはなりませんか?

投稿: | 2005/10/11 21:15

涼さん、こんにちは。

>女性一人で配ったり回収したりするのが危険なことが多いというのも、見直しが必要な要因にはなりませんか?

うーん。それは、どうでしょうか。もともと調査員は女性と決まっているわけではないようです。

ただ、最近は深夜にしか帰ってこない人が増えてきていますから、女性にもお年寄りも、1人で回るのは怖いことでしょう。昔は、朝と夕方に回れば、かなり回収できたんでしょうね。

投稿: meka | 2005/10/11 22:11

うちの地域では、調査員は男性です。
町内の役を何でも引き受けておられる方です。もしかしたら、この方なら調査をしなくても、この地域の事を何でも知っておられるのではないか(笑)と思うくらいです。
ムラですね~(笑笑)

投稿: まりも | 2005/10/11 23:29

まりもさん、こんにちは。

そういう土地も、まだまだあるんですね~。

若いときは隣近所なんてうるさいだけと思っていたけど、いまは交流がまったくないというのも、災害のときなど困るだろうなと思います。

投稿: meka | 2005/10/12 08:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/6319232

この記事へのトラックバック一覧です: 国勢調査崩壊:

» フライング国勢調査 [まこてぃん日記]
5年に一度の国勢調査が10月1日に行われる。昨日、自治会の役員の人が訪ねて来て、 [続きを読む]

受信: 2005/10/11 17:55

« 優先座席の近く | トップページ | 正直な血圧 »