« 『40才からのフルマラソン完走』 | トップページ | 久里浜式アルコール依存症スクリーニングテスト »

2005/10/12

何の電話だったの?

以前、『高い引取料金』で、FAXコピー機のリース契約を解除したら、引き取り料金が高くつきそうだという話を書いた。正確な引き取り料金を見積もりをしてくれるはずだったのだが、全然連絡がない。

まあ、リース契約解除の通知書は送ったし、引き取りの時期はまだ先だし、ということで放置しておいたのだが、先ほど担当者から電話があった。

「○○の○○と申します」
(あ、やっと料金を教えてくれるのだなと、メモを取る態勢に入る)
「どうも申し訳ありませんでした。業者からまだ見積もりが来ていないということに気がついていませんで、長らくお待たせしてしまって」
「はあ(で、見積もりは?)」
「見積もりが出しだい、連絡いたしますので、よろしくお願いいたします」

ん? いまのは何の連絡だったんだろう。

営業マンとしては、忘れていたと気がついたときに、すばらく連絡しておくのは、大切なことなのかもしれない。でも、前に電話したのは、7月末なんだよね。どうせ2か月半も経っているんだから、見積もりが出てから連絡してくれても、遅くないと思うけど。さっきは、たまたま電話機の横にいたからさっと出られたけれど、あわててかけつけて受話器を取って、いまの内容の電話だったら、きっと怒るぞ(リース会社の取引先は大半が企業だろうから、そういう心配はしないのかも)。

|

« 『40才からのフルマラソン完走』 | トップページ | 久里浜式アルコール依存症スクリーニングテスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/6364602

この記事へのトラックバック一覧です: 何の電話だったの?:

« 『40才からのフルマラソン完走』 | トップページ | 久里浜式アルコール依存症スクリーニングテスト »