« 帰属意識 | トップページ | ジンジャーレモン »

2005/10/27

サプリに関する非論理的なごまかし

最近、「野菜の栄養価が落ちているから、必要な栄養素を摂るにはサプリメントは必需品」といった説をよく聞く。一見もっともらしいけど、何だかおかしな論理だ。

例えば、『サプリメントBOOK』(西崎統監修、新星出版社)には、こんなことが書いてある。

ビタミンAの所要量は600μgですが、これをトマトだけで充たそうとすれば約6個になります。この数字を見るだけで必要量を食べ物で充たすことが難しいことがわかると思います(p.10)。

いったい、どこの誰がトマトだけでビタミンAの所要量をまかなおうとするのだろうか。人参もカボチャもほうれん草も食べればいいじゃないのか。6種類の野菜でビタミンAをとることを考えれば、トマトは1日1個でじゅうぶんなのだ。

それから、同じ本には、こんな説明もある。

昭和25年から平成6年のほうれん草の鉄分は約6分の1へ、ビタミンCは約4分の1へと、栄養素ひとつひとつにも減少が見られています(p.11)。

鉄分というとほうれん草というイメージがあるが、実は小松菜のほうが鉄分はおおいし、鉄分は、ひじきや肉や魚にも豊富に含まれている。野菜の鉄分は吸収されにくく、むしろ肉や魚でとるほうが合理的だ。昭和25年の肉類の消費量と現代の消費量を考えると、本当に昭和24年よりも不足しているのか。また、ビタミンCは、イチゴやキウイにも大量に含まれている。ほうれん草のビタミンC含有量が減っても、イチゴやキウイやオレンジを食べる量が増えていれば、ビタミンCの摂取量が減ったとは言えないだろう。

本当に食品で栄養素の摂取が難しいというのなら、昭和25年の平均的な日本人の食事と、いまの日本人の平均的な食事で比べてみるべきだろう。問題があるとしたら、野菜の栄養素が減ったことよりも、野菜の摂取量が減っているほうにあるのでは。

また、単純に昭和25年のほうれん草といまのほうれん草を比べているが、いまのほうれん草の栄養価が下がっているのは、なぜだろう。そこに問題があるのなら、野菜の栄養価をあげる方法を考えればいい。

らでぃっしゅぼーやの人参は、味が濃いという。見た目や大量生産にこだわれずに栽培すれば、味も栄養価も高い野菜ができるのではないか。また、栄養価が多い品種を栽培すればいいのではないか。

現代人の食生活が、糖質や脂肪に片寄りがちで、ビタミンやミネラルの摂取に問題があるのは、確かだと思う。また、どうしても足りないものをサプリでおぎなう必要があることもあるだろう。

でも、上記のような説明では、まるでマルチビタミンとミネラル何種類かを毎日サプリでとらないと、いまにも病気になりそうだ。

どう考えても、これはサプリを売ろうとする人たちの陰謀だ。本当に現代人の栄養状態を心配するのなら、もっと科学的で論理的な主張をしてほしい。

|

« 帰属意識 | トップページ | ジンジャーレモン »

コメント

そうそう、栄養摂取の基本は食事からです。
先日のシンポジウムでも、河合先生がそう言われてました。
昔より、食卓も豊かになってるはずなんだから、偏食さえすぎなければ、十分必要な栄養を取れるはずですよね。

投稿: まりも | 2005/10/27 16:04

まりもさん、こんにちは。

そうですよね~。食事には、噛むという動作や消化管の働きを保つ意味も、精神的な満足感もありますよね。錠剤やカプセルを飲めば健康を保てるという感覚は、あぶないですね~。

投稿: meka | 2005/10/27 16:53

mekaさん まりもさん 今晩は、たけしたです。
そーそー やっぱり 食事から取らなきゃね。
あとは 楽しい仲間とわいわい言いながら楽しく食べると
消化吸収が良いそうです。
ではでは

投稿: たけした | 2005/10/27 19:38

何千円もするサプリは買っても、少し高いニンジンは飼わない人が多いのではないでしょうか。
味気ない錠剤よりも、舌や目も喜ぶ美味しいものを食したいです。
とはいうものの、手抜き料理が多いなぁ。

先週から、エコロージー豚も頼んでいます。色々な野菜と炊いたりスープにして楽しんでいます。

とはいうものの、サプリのお世話にもなっているのですが。

投稿: | 2005/10/27 19:44

鋭いっすね!
いまだ発見されていない栄養価がその食材に隠されているということもあるだろうし、AとかBとかCとか摂っていればそれで健康!なんちゅうのはないですよね。

投稿: ヤマシュウ | 2005/10/27 22:00

野菜の栄養価が減っているというのは事実のようですが、そのこととサプリをとらねばならないというのは全く別問題だと思います。仰る通り、野菜の作り方の変化(流通による問題も含めて)により栄養価が減っていることが問題なのであって、だからサプリをとれというのはこじつけと思えてしまいます。

ということで、私も必要なものは食品からとる、という主義なのですが、最近はついつい流されてしまってマルチビタミンなんぞを飲んでいます。でも何も変わりません。多分もう買いません。

投稿: Ogaman | 2005/10/27 22:03

>たけしたさん
噛むという行為は、想像以上に重要らしいですね。それに、やっぱり食事は楽しくなくっちゃ。

>涼さん
手抜き料理でも、素材が豊富だとリッチな気分になれますよね。私は、エコロジー放牧豚のロースを単に焼いて、レタスやキャベツと一緒にパンにはさんでサンドイッチにしています。とても豪華な気になります。

私も、けっきょく「ヘム鉄」は飲んでいます。食事でも摂るようにはしているけど、どうも追いつかないようなので。

>ヤマシュウさん
人間の身体に何が必要かは、完璧にわかっているわけじゃないですからね~。

>Ogamanさん
私もどうも身体に力が入らないときにマルチビタミンを飲んでみましたが、効果はありませんでした。ふと気がついたら、栄養調査で肉の摂取量が200%以上だったので、肉を減らして野菜ばかり食べていたんですね。肉類をしっかり摂るようにしたら、パワーがでてきました。私の身体には、マルチビタミンよりも動物性タンパクや脂肪が必要だったようです。最近は、肉だけじゃなくて魚も摂るようにしてますけどね。

投稿: meka | 2005/10/28 09:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/6671078

この記事へのトラックバック一覧です: サプリに関する非論理的なごまかし:

« 帰属意識 | トップページ | ジンジャーレモン »