« DVD『ブラック・レイン』 | トップページ | 才能の前にトレーニング »

2005/11/03

20年前の演奏

片付けものをしていたら、84年と85年のハモンド・ジョイフルコンサートの録音テープが出てきた。20年前の電子オルガンの発表会だ。

おそるおそる自分の演奏を聞いてみたら、やっぱり下手だなあ。なんとかつまらないように弾いてはいるが、どうもリズムに乗っていない。明らかに遅れているというほどではないものの、何となくもったいりもったりした感じだし、ぴたっとと止まるべきところが、ダラダラダラと乱れるし。とても音楽として人様にお聴かせするようなものではない。

でも、これでも弾いているときは、そこそこ自己陶酔で気持ちよかったんだよね。それに、自分が弾くことで、多少でも音楽に対する耳が養われたかも(いまもあまりいい耳とは言えないが)。こういうヘボ演奏の底辺が広がることが、トップクラスの演奏家を支えるために、必要なのかもしれない。

でも、ヘボ演奏を聴かされる周囲は迷惑だよなあ…。

|

« DVD『ブラック・レイン』 | トップページ | 才能の前にトレーニング »

コメント

MEKAさん、こんにちは。

大丈夫ですよ、曲は別にしてビートルズも昔のアルバム引っ張りだして来て
聞き直すとなんて下手な演奏だって思うのですから :-)
#でも曲は名曲ばかりですね、最近流行している曲が20年とか30年過ぎても
#残っている曲がどの位あるのでしょうね?

投稿: TIKA | 2005/11/03 15:39

TIKAさん、こんにちは。

いや、やっぱりビートルズよりは、ずっと下手ですよ(^^;)。それに、もう15年くらいほとんど弾いていないので、いまはこのテープほどにも弾けません。

ただ、最近思うのは、少々下手でも演奏者が楽しんでノっていると、聞いている方も楽しいですね。

投稿: meka | 2005/11/03 20:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/6875289

この記事へのトラックバック一覧です: 20年前の演奏:

« DVD『ブラック・レイン』 | トップページ | 才能の前にトレーニング »