« やっぱり休憩を入れなくては | トップページ | 『緑のドレスの女』 »

2005/11/07

DVD『宇宙戦争』(1952)

auther: title
『宇宙戦争』(1952)(←Amazon)
総合評価★★★

ウエルズのあまりにも有名なSF小説を、1952年にジーン・バリー主演、バイロン・ハスキン監督で映画化したもの。2005年に公開されたトム・クルーズ主演、スピルバーグ監督の『宇宙戦争』と見比べると、スピルバーグは、この映画を強く意識してリメークしたものだということが、よくわかる。

現在の技術を使ったCG映像の迫力には当然及ばないが、迫るエイリアン、押し寄せる群衆、ラストシーンなど、「絵」作りのうまさは際だっていて、50年も前の作品だとは到底思えない。

強大な相手からの襲撃に何とか立ち向かおうとする科学者たちの姿は、科学の力と未来を信じていた時代が感じられる。スピルバーグの作品は、家族のきずなが中心に描かれていた。監督の趣向というよりも、時代の違いだろう。

ともあれ、スピルバーグ作品と比べてみると、何かと面白い発見があるだろう。

|

« やっぱり休憩を入れなくては | トップページ | 『緑のドレスの女』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DVD『宇宙戦争』(1952):

« やっぱり休憩を入れなくては | トップページ | 『緑のドレスの女』 »