« 英会話学校の体験トレーニングに行ってみた | トップページ | 経県値&経県マップ »

2005/11/29

飛行機で途中下車?

今年のNAHAマラソンは、沖縄旅行をしたいという母と同行することになった。母は関西に住んでいる。最初、「じゃあ、切符を取るから那覇空港で落ち合いましょう」というと、母が「飛行機なんてあまり乗ったことがないから、1人で乗るのは不安だわ」という。羽田から伊丹への飛行機代は出してくれるというので、仕方なく私が羽田からまず伊丹へ飛んで、母と落ち合って那覇まで飛ぶことにした。

なんとか超割の切符も取れて、伊丹空港で落ち合う約束をしていると、どうも話がおかしい。私が先に着いて出て待っているからというと、母が「そんなに長いこと飛行機が止まっているの?」というのだ。

どうやら、母の頭の中では、羽田から飛んだ飛行機が伊丹で一時着陸して、さらに那覇まで飛ぶと想像していたらしい。うーむ。新幹線じゃないんだから、羽田からの飛行機が那覇に行くのに、わざわざ伊丹に寄り道したりしないってば(^^;)。

|

« 英会話学校の体験トレーニングに行ってみた | トップページ | 経県値&経県マップ »

コメント

MEKAさん、こんにちは。

国内では最近あまり無いと思いますが、海外の国内線ではお母さんのおっ
しゃる様な飛び方をする便は結構あります、先日搭乗したアラスカ航空の
シアトル発、フェアバンクス行きって言うのはアンカレッジで給油する為に
約1時間程度インターバルがあります、その間搭乗客は機内で待っていても
良いしフライトまでロービで時間をつぶしていたりします、まあ機材の関係も
あるのかも知れませんね。
そう言えば昔は北回り便って給油の為に必ずアンカレッジに立ち寄っていま
したが、機材が良くなって給油の必要が無くなったので最近のアンカレッジ
は昔の活気はすっかり無くなってしまいました。

投稿: TIKA | 2005/11/29 14:18

mekaさん TIKAさん、今晩は たけしたです。
昔は確か ソ連上空を飛行できなかったので
アンカレッジ経由だったと思いますぅ。

それから 昔アウトドア雑誌ビーパルで読んだのですが
パンアメリカン航空の001便は 行き先が 
around the world で いっぱい いっぱい止まっていたそうです。

それ読んだとき 将来乗ってみたいなぁって 思いました。

ではでは

投稿: たけした | 2005/11/29 16:31

たけしたさん、今晩は。

本当に昔の話ですが、ヨーロッパに仕事で出張した時、当時はJAL、その他の
航空会社は旧ソ連上空は飛行できなかったのすがSAS(スカンジナビア航空)
だけはソ連上空の飛行が可能だったのです、成田発、コペンハーゲン行きで
ヨーロッパに入ったのですが、この時は途中下車?でモスクワで給油しました後
にも先にもロシアにも降りたのはこの時だけです、搭乗したのもDC8と言う懐か
しい飛行機でした。

当時はまだ冷戦時代でしたが、解放されたロシアには機会があれば行きたい
と思っています、機上から見た雄大なシベリアの大地は今でも忘れる事が出
来ません。

投稿: TIKA | 2005/11/29 18:16

自己フォロー。
SASだけと書きましたけど、よーく調べたらJALも当時モスクワ経由があった
みたいです、いくつかの航空会社はシベリア上空を許可されていた様子です。

投稿: TIKA | 2005/11/29 19:29

tikaさん、たけしたさん、こんにちは。

はい。私もその昔、ヨーロッパに行ったときは、南回りでアテネ経由とか、北回りでアンカレッジ経由、コペンハーゲン経由、アムステルダム経由などに乗ったことはあります。当時はソ連崩壊前だったから、シベリア上空は飛んでいません。

国内線でも、まれにありますね。でも、母は新幹線並に、そういう飛行機ばかりだと思っていたようです。

投稿: meka | 2005/11/29 20:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/7376228

この記事へのトラックバック一覧です: 飛行機で途中下車?:

« 英会話学校の体験トレーニングに行ってみた | トップページ | 経県値&経県マップ »