« 年間最長まで、あと少し | トップページ | 間違えるのは仕方ない。でも、責任を取れ »

2005/11/25

建築士には同情

私は、某建築士のおかげで、最近、すっかり有名になってしまった千葉県市川市の住人だ(今日、市長選挙の期日前投票を済ませてきた)。

もちろん、彼がやったことは、結果的に人の命と大きな財産をあやうくすることで、許されることではない。ただ、「人間としてやってはいけないこと」などとTVで批判されているのを見ると、ちょっとかわいそうにもなる。結果は確かに重大だが、「人を押しのけてでも儲けてやろう」という悪意よりも、取り引き先の無理難題や、仕事がなくなるという恐怖に負けた、気が弱い人間の自暴自棄な暴走に見えてしまうからだ。

問題は、それを食い止めることができなかった検査機関にあるだろう。ただ、TVなどでは、「けしからん」と偉そうに言っているけれど、似たようなことはあちこちであると思う。

私は、以前、製薬会社で安全性試験の社内監査部門をやっていた。監査部門だけど、別に安全性試験の専門家ではない。薬学部を卒業して薬剤師の免許を持っているというだけでは、何でもできるわけじゃないのだ。しかし、多くの中小企業は、本物の専門家を実施部門と監査部門の両方に置くほどの予算や人員はない。薬剤師の私が監査部門をやっていたのはまだいいほうで、会社によっては薬のことなど何も知らない文系卒の人間を監査部門にすえたところもあるはずだ。でも、それでも、厚生省(当時)の規定にはかなっている。

それに、社内監査部門というのは、かなりきびしい。安全性試験をきちんとやらなければ、人の命に関わる問題ではあるのだけれど、その薬の承認申請作業が遅れれば、損害は莫大なものになる。万一中止にでもなれば、何億の損害だ。社員として、企業の利益にならないだけでなく、損害を与えるようなことは、やりにくい。

今回の検査会社は、社内監査ではないので、もっとシビアに考えてもいいかもしれないが、それでも素早く「問題なし」の書類を出さなくては、会社の営業成績に対する影響は大きかっただろう。

何も責任がない人たちは、大きな顔をして偉そうに「とんでもない」とか言っているけれど、日本国中に同じようなことになっているところは、いくらでもあると思う。単に糾弾するのではなく、そういう仕組みを作り出さないような社会制度を考えていくことが大事ではないか。

マスコミは、そちらのほうに力を注いで欲しい。それに、国の責任は大きいと思う。財政難から「小さな政府」にするのは必要なことだろうけど、こういう突発的な事態には、できるだけ対応して欲しい。だって、国のシステムが悪かったんだから。

|

« 年間最長まで、あと少し | トップページ | 間違えるのは仕方ない。でも、責任を取れ »

コメント

こういう時にマスコミは責任者を探し糾弾するのですが、鳥インフルエンザ騒ぎで縊死した経営者夫婦のような事にならなければいいが。。と思っています。

重要なことは、今住んでいる方がどうなるのかということと、では、他の建設物には問題がないのか、ということだと思います。

投稿: ashuken | 2005/11/26 09:16

ashukenさん、こんにちは。そうですね。

ただ、こういうときに必ずマスコミも批判されるけど、そういう糾弾を面白がって見る人がいなければ、マスコミもそういう番組は作れないはずなんだよなあと思います(^^;)。

それに、今回の件に関しては、マスコミは少し騒いだほうが、入居者の有利に事態は動きそうです。特に国や地方公共団体の監査体制については、つきあげたほうがいいですね。

投稿: meka | 2005/11/26 10:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/7304959

この記事へのトラックバック一覧です: 建築士には同情:

« 年間最長まで、あと少し | トップページ | 間違えるのは仕方ない。でも、責任を取れ »